日本初のEVスポーツカー「トミーカイラZZ」をリリースしたGLMは、日本初のEVスポーツカー「GLM-G4」を2019年の量産を目指して開発を加速する。(タイトル写真は小間裕康社長とGLM-G4)

京都発EVベンチャーの第2弾はガルウイング4枚ドアの4座スーパーカー!

京都のベンチャー企業GLMが、次なる挑戦として選んだのがEVのスーパーカー「GLM-G4(以下、G4と略)」。
2016年秋のパリモーターショーで世界初披露されたが、2017年4月18日に東京で日本国内向けの発表会が開催された。
現状は2019年の量産化に向けた事実上のコンセプトモデルの段階だが、EV版のトミーカイラZZでもゼロに近い状態から市販化に漕ぎ着けた実績を持つだけに、大いに期待したい。

G4は専用開発の高効率・高出力モーターを前後に2基搭載した4WDスポーツ。最高出力は400kW(540ps)、最大トルクは1000Nmを発生。
0-100km/h加速は3.7秒、最高速度は250km/hを目指して開発され、気になる航続距離は欧州の標準試験モードであるNEDCで400km。
想定価格は4000万円で、日本以外にも中東やアジアなど、トータルで1000台の販売を計画している。

見てのとおり、スタイリングで最大のアピールポイントは、スーパーカーなのに4ドア&4シーターということ。前後のドアが高く跳ね上がる「アビームセイルドア」が採用されている。
今後は各国のモーターショーにも出展して、世界に向けたビジネスモデルを展開すると同時に、開発も急ピッチで進めるとのこと。年内にはなんらかのかたちで走行シーンを披露することもコミットメントされた。

画像1: GLM G4 Concept Movie vimeo.com

GLM G4 Concept Movie

vimeo.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.