クルマに関するマニアックなクイズを、月〜金の毎朝7:30に出題する自動車マニアッククイズ、通称クルマニQ。初級/中級/上級/マニア級のうち、今回は「中級」の問題をどうぞ。

きょう2017年4月24日、スカイラインは誕生60周年を迎えました。では、歴代のスカイラインで、いちばん売れたクルマはどれでしょうか。
ヒントは、「ニックネーム」の付いていた時代のモデルです。

  • 3代目 C10型「箱スカ」
  • 4代目 C110型「ケンメリ」
  • 5代目 C210型「ジャパン」
  • 6代目 R30型「ニューマン」
  • 7代目 R31型「セブンス」
  • 3代目 C10型「箱スカ」
    13
    12
  • 4代目 C110型「ケンメリ」
    37
    34
  • 5代目 C210型「ジャパン」
    24
    22
  • 6代目 R30型「ニューマン」
    19
    18
  • 7代目 R31型「セブンス」
    8
    7

正解は、2のC110型「ケンメリ」でした。

画像1: 【クルマニQ】【中級編】
歴代のスカイラインで、いちばん売れたクルマは?

「ケンとメリーのスカイライン」というキャッチで人気を呼んだ4代目 C110型スカイラインは、約66万台販売されました。

画像2: 【クルマニQ】【中級編】
歴代のスカイラインで、いちばん売れたクルマは?

四角っぽいデザインなので「箱スカ」と呼ばれた3代目 C10型スカイラインは、約38万台販売されました。GT-Rは、この代から登場しました。

画像3: 【クルマニQ】【中級編】
歴代のスカイラインで、いちばん売れたクルマは?

「スカイライン ジャパン」というキャッチフレーズで登場した5代目 C210スカイラインは、約53万台販売されました。後期型はヘッドライトが角目2灯になって、ターボも登場しました。

画像4: 【クルマニQ】【中級編】
歴代のスカイラインで、いちばん売れたクルマは?

ポール・ニューマンがCMに登場した6代目 R30型スカイラインは、約39万台販売されました。4気筒ながらDOHCを搭載したRSや、そのターボモデルが登場しました。

画像5: 【クルマニQ】【中級編】
歴代のスカイラインで、いちばん売れたクルマは?

キャッチもそのまま「7th スカイライン」だった7代目 R31型スカイラインは、約29万台販売されました。グループAレースで活躍したGTS-Rも登場しました。

60年、13代も続いているスカイライン。次期モデルの登場はもう少し先のようですが、さてどんなクルマになるのでしょうか。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.