IoTは英語の「Internet of Things」の略で、インターネットがさまざまな「モノ」とつながることを意味する。まるで「モノ」が知能を持ったかのようにふるまうSFのような世界が、すぐそこまで来ている。

モノが送信したデータから新たな価値が生まれる

ここでいう「モノ」の代表例は、スマートフォンなどの携帯端末。通話ができるだけでなく、インターネットにつながることで様々なサービスが可能になったのはご存知の通り。でも、これはスマートフォン限定のことではない。パソコンや家電、さらにいえばクルマもインターネットにつながっていれば、IoTの一種となる。

最近は、通信機器を搭載しているクルマも珍しくなくなってきた。事故にあってドライバー自身が救護を要請できない時、自動的に事故が起きた場所を通報してくれるシステムは一般的になっている。現状ではカーナビの機能拡張のために使われることも多いが、将来的にもっと幅広い活用が考えられている。

たとえば自動運転はクルマ単体で実現するのは難しいため、実用化されるときは、インターネットに接続してクラウドからのサポートを受けることも予想される。
また、自動運転中の乗員は、運転という行為から開放されるため、移動中にインターネットを使ったサービスを利用することもできる。クルマの位置情報、近隣店舗のセール情報、乗員のスケジュール、天候など様々なデータをつなげて、乗員の好みに合うランチや買い物を提案することもできるようになるだろう。
インターネットとクルマがつながることで、ユーザーメリットはさらに大きくなるのだ。

画像: Bosch IoT Cloud ボッシュのIoT向けクラウドサービス。センサー、ソフトウェア、サービスが一体となって新しい価値を生む。駐車場の空き情報をカーナビに伝えたり、工具の故障やパーツ交換時期を管理者に伝えたりすることで、利用者は待ち時間なしでクルマを駐めたり、工具を使うことができる。

Bosch IoT Cloud
ボッシュのIoT向けクラウドサービス。センサー、ソフトウェア、サービスが一体となって新しい価値を生む。駐車場の空き情報をカーナビに伝えたり、工具の故障やパーツ交換時期を管理者に伝えたりすることで、利用者は待ち時間なしでクルマを駐めたり、工具を使うことができる。

ウェアラブル端末もIoTの1つ。運動中の脈拍をチェックして、より効果的な運動ができるようにアドバイスしてくれる。医療分野への応用も進んでいる。

(文:鈴木ケンイチ/Webモーターマガジン編集部) 2017.4.26公開

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.