消防車メーカーのモリタグループは、全国の小学生を対象とした第12回消防車アイデアコンテストを開催した。応募は全部で999作品。アイデア豊富な「未来の消防車」から今回は2作品が最優秀賞に選ばれた。

応募は999作品。最優秀賞は2名

このコンテストは、全国の小学生を対象に夢のある「未来の消防車」をテーマとした作品を募集するもの。「消防車にこんな機能があったらいいのに」「いざというときにこんな消防車があったらいいのに」など、小学生の想像力でアイデア豊富な「未来の消防車」を募集するもの。12回目となる今回は999の応募があった。


最優秀賞に選ばれた小学6年生、只埜 空(ただのそら)さん、小学5年生大下瑠巳(おおしたるい)さんには、オリジナルグッズプレゼントのほか、日本最大級の消防車製造・メンテナンス工場でもあるモリタ三田工場へ招待する。

画像: 最優秀賞、只埜 空さんの作品。耐熱ボディで4連装の高圧放水銃とフレキシブル送水管を10本装備する。

最優秀賞、只埜 空さんの作品。耐熱ボディで4連装の高圧放水銃とフレキシブル送水管を10本装備する。

画像: 大下瑠巳さんの作品。現実的に作れるかもしれない消防車を描いたという。

大下瑠巳さんの作品。現実的に作れるかもしれない消防車を描いたという。

すべての入賞作品はこちら。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.