横浜ゴムは、モータースポーツ事業の専門会社「ヨコハマ・モータースポーツ・インターナショナル株式会社」をこの6月30日に解散、新たに「モータースポーツ推進室」を設置し、その活動を引き継ぐ。モータースポーツ推進室は5月1日に発足させる。
画像: ヨコハマは全日本スーパーフォーミュラ選手権シリーズに2016年シーズンからADVANタイヤをワンメイク供給している。

ヨコハマは全日本スーパーフォーミュラ選手権シリーズに2016年シーズンからADVANタイヤをワンメイク供給している。

創立100周年のヨコハマが次なる一手

ヨコハマ・モータースポーツ・インターナショナル株式会社は、競技用タイヤの開発/供給と活動全般を統括する会社として2013年4月に発足、事業活動を行ってきた。

活動期間中は、スーパーフォーミュラのワンメイクサプライヤーの開始やスーパーGTでの活動、GTアジアやセパン12時間レース、全日本F3へのワンメイク供給、WTCCへのタイヤ供給などレース活動に貢献してきた。今回、モータースポーツ事業の活動領域をグローバルに拡大する上で、同社を発展的に解散、横浜ゴムの中の組織である「モータースポーツ推進室」でその活動を統括することが効果的であると判断した。


横浜ゴムは今後もモータースポーツをタイヤ事業のグローバル展開の一環と位置づけ、国内外での幅広いモータースポーツ活動を通して、ヨコハマの認知度向上を図り、自動車産業及びモータースポーツマーケットの成長発展/活性化に貢献していくという。

画像: 昨年のスーパーフォーミュラシリーズチャンピオン、国本雄資選手のマシン。国本選手が乗るスーパーGT#19 LEXUS TEAM WedsSport BANDOHのタイヤもヨコハマだ。

昨年のスーパーフォーミュラシリーズチャンピオン、国本雄資選手のマシン。国本選手が乗るスーパーGT#19 LEXUS TEAM WedsSport BANDOHのタイヤもヨコハマだ。

編集部より:

横浜ゴムは今年創立100周年。社長や前社長をはじめ、モータースポーツが大好きな社員が多いイメージがある会社なので、今後の展開が楽しみです。もしかすると、新たに世界選手権レベルのワンメイク供給、なんてことがあるかも!?

画像: スーパーフォーミュラのヨコハマ・プロモーショナル・モデルズ。

スーパーフォーミュラのヨコハマ・プロモーショナル・モデルズ。

画像: スーパーGTのアドバンギャル。

スーパーGTのアドバンギャル。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.