Motor Magazine誌ではLongterm Reportと題して、テスト車をある程度の期間にわたって実際に乗って使用してみたレポートを紹介しています。今回は、その中から2014年10月から2016年11月までの2年間あまりで3万6000kmほど走行したフォルクスワーゲン ハイアップ!をねちっこくまとめた記事のレポートを、順を追ってこちらでご紹介させていただきます。[出典:Motor Magazine 2015年2月号]

第3回 3カ月目 5676km
今月の走行距離:1642km 燃費:1712km÷108.52L=15.8km/L
2014年11月22日〜12月17日

スタッドレスタイヤ&ホイール装着で雪に備える。

画像: スタッドレスタイヤ&ホイール装着で雪に備える。

昨シーズン(2013年から2014年にかけて)の冬は、東京近郊でも2月に大雪が降り、交通を始めとする日常生活の多くの場面で大混乱に陥った。その時に担当していた長期テスト車は、スタッドレスタイヤを装着したパサートオールトラック。フルタイム4WDの駆動力と高めの車高も相まり、雪道での優れた走破性力と高い安心感を十分に味わうことができた。そして現在、テスト車はパサートオールトラックから代替わりして新たにハイ アップ!になったわけだが、やはり過去の教訓はしっかりと生かすべきである。クルマの性格からしてMMアップ!号が走行する場所は都心やその近郊となることが多く、雪道を走行する機会はさほどなさそうに思える。しかし、突然の降雪にも対応できるという安心感を備えていることがやはり重要であり、きちんとスタッドレスタイヤを装着するべきだと判断したのだ。

スタッドレスタイヤはブリヂストンのブリザックVRXを選択。

画像: 雪道走行はまだしてないが、日常的な条件下では何ら違和感を覚えない走り味。

雪道走行はまだしてないが、日常的な条件下では何ら違和感を覚えない走り味。

MMアップ!号用に選んだのは、ブリヂストンのスタッドレスタイヤ「BLIZZAK VRX(ブリザック ヴイアールエックス)」。サイズは、ハイ アップ!の純正装着タイヤと同じ185/55R15である。ブリザックVRXは、2013年にデビューしたブリヂストンの最新型スタッドレスタイヤだ。その特徴としては、凍結路面の表面にある水膜を効率よく取り除く(吸着する)ことができる「アクティブ発泡ゴム」が採用されたこと、そしてトレッドパターンを内側と外側で最適化するとともにブロックのサイズを小さくした「新非対称パタン」で冬道での高いグリップ力を確保したこと、さらに走行時のふらつきを軽減させて高い直進安定性を実現する「新非対称サイド形状」が取り入れられたことなどが挙げられる。氷上ブレーキ性能/ウエットブレーキ性能/転がり抵抗は、従来モデルよりさらに10%向上されたというタイヤだ。

装着ホイールにはボルベットのタイプFをチョイス。

画像: タイヤ&ホイールのセットで交換するので、ムーブ アップ!と同じ14インチ仕様へインチダウンすることも考えてはみたが結局、15インチ仕様とした。イメージが精悍になった。

タイヤ&ホイールのセットで交換するので、ムーブ アップ!と同じ14インチ仕様へインチダウンすることも考えてはみたが結局、15インチ仕様とした。イメージが精悍になった。

また今回は、ホイールも新たに装着することにした。これまで担当してきた長期テスト車では、すべてスタッドレスタイヤを夏タイヤと組み替えて、純正ホイールに装着する方法を採ってきた。しかし、MMアップ!号をドレスアップしてみたいという目的があったのでアルミホイールには株式会社ティー・エー・エスが取り扱う「BORBET type F(ボルベット タイプ エフ)」を選んでみた。ブリリアントシルバーの5本スポークタイプ、サイズは純正アルミホイールの5.5J×15/インセット41に対してリム幅がやや広くなった6.0J×15/インセット40だが問題なく装着完了。精悍さが増し、頼もしくなった印象だ。

画像: ボルベットホイールの部品。専用ハブボルト、ハブリング、エアバルブが付属する。ハブリングをセットしてからホイールを装着することで、ホイール装着位置のセンター出しを精度高く保つことができる。

ボルベットホイールの部品。専用ハブボルト、ハブリング、エアバルブが付属する。ハブリングをセットしてからホイールを装着することで、ホイール装着位置のセンター出しを精度高く保つことができる。

長期テスト車のMMアップ!号はガラスコーティングを実施済み。

画像: 担当している長期テスト車には、東京都港区東麻布に店舗を構える「ハイランダー(Tel 03-3583-5888)」にてガラスコーティングを施工してもらっている。赤いボディカラーだけに深みのある輝きが映える。水滴がきれいに盛り上がり、ちょっとした動きを与えるとすぐにコロコロと滑り落ちていく。

担当している長期テスト車には、東京都港区東麻布に店舗を構える「ハイランダー(Tel 03-3583-5888)」にてガラスコーティングを施工してもらっている。赤いボディカラーだけに深みのある輝きが映える。水滴がきれいに盛り上がり、ちょっとした動きを与えるとすぐにコロコロと滑り落ちていく。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.