マツダは、国内向け新世代商品としては初めての3列シート採用モデルとなる新型クロスオーバーSUV『マツダ CX-8』を2017年中に国内で発売することを、本日公表した。

『CX-8』は、マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブテクノロジー)」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用したマツダの新世代商品群の最新モデルであり、同社の国内市場向けSUVラインアップにおける最上位モデルとなる。

今回の発表にともない、公表された写真はインテリア(3列シート)の1点のみで、エクステリアはまだわかならい。おそらく、CX-5とCX-9の中間的な存在で、両車のフォルムが似ていることからしても、そのスタイリングはなんとなく想像できる。

画像: CX-5

CX-5

画像: CX-9

CX-9

マツダの小飼 雅道(こがい まさみち)代表取締役社長兼CEOは、今回のCX-8の公表にともない、次のようなコメントを述べている。

「『CX-8』は、マツダらしい走りやデザイン・質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現した新型クロスオーバーSUVであり、多人数乗車とともに上質さをお求めになるお客様に向けた、マツダの新しい提案です。マツダは今後も継続的な進化を続けながら、すべてのお客さまに走る歓びと優れた環境安全性能をお届けすることで、お客さまとの間に特別な絆をもつブランドを目指してまいります。」

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.