個性、品質、国際的な競争力など、国産車の実力が一気にレベルアップした平成初期から中期にかけて登場した名車を振り返る期間限定の連載。今回は1990年、平成2年に登場した日本発の本格的なミッドシップスポーツカー、ホンダ・初代NSXにスポットを当ててみましょう。
画像: 1989年のシカゴモーターショーで発表されたNS-X。

1989年のシカゴモーターショーで発表されたNS-X。

初代NSXが最初に世に出たのは、1989年のシカゴモーターショー。この時に「NS-X」という車名で発表されました。そして 1990年9月に「NSX」として正式発表されました。

総アルミボディの採用で車両重量は1350kg(5速MT)〜 1390kg(4速AT)に抑え、当時の自主規制枠いっぱいの最高出力280ps/6800rpm(4速ATは265ps/6800rpm)、最大トルク30.0kgm/5400rpmを発生するC30Aエンジンをリアミッドに搭載していました。グレードはモノグレードで、5速MT、または4速ATが選択できました。

このモデルの特徴は単なるスパルタンなスポーツカーではなかった、という点です。当時、NSX と比較されたフェラーリやポルシェは走ることを優先し、その車内は決して快適なものではありませんでした。ところが、NSX はスポーツカーにふさわしい操縦性、操作性はもちろん、高級車のようなしつらえと快適装備を備えている点が、それまでの高性能スポーツカーとは大きく異なっていました。4速AT を設定していた点もこのことを表しています。さらに、311.8°という極めて広い水平方向の視界確保した点や、154L(VDA方式)の独立したトランクルームを備えるなど、ドライバーにフレンドリーなスポーツカーだったのです。

ちなみに、初めてタイプRが設定されたのも NSX(前期型)でした。後期型ではNSX-Rと名前を変えます。さらにスーパーGT・GT500クラスのホモロゲーション取得のために、NSX-R GTというモデルも 5台限定で受注販売され、その価格は現行型のNSXよりもはるかに高い 5000万円でした。

初代 NSX は 2005年12月をもって生産を終了しました。約15年という長いモデルライフの中で 1万8000台以上が生産されました。ただし、初代 NSX は2005年の生産終了ですべてが終わったわけではありません。生産終了後、ホンダは初代 NSX 向けの「NSXリフレッシュプラン」を用意しました。生産終了から10年以上が経過した今でも初代 NSX は現役で走れる、生きたスーパーカーであり続けているのです。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.