「ポルシェと聞いて思い浮かべるクルマは?」と聞かれれば、ほとんどの人が「911」と答えるだろう。スポーツカーメーカーとしての長い歴史を持つ“ポルシェ”を911なくして語ることはできない。ルーフからボディ後方へなだらかに下っていく独特のシルエット“ポルシェ フライライン”は911の証と言っても過言ではない。
画像: 4ドアポルシェのフルラインナップ。 左からパナメーラ、マカン、カイエン。

4ドアポルシェのフルラインナップ。 左からパナメーラ、マカン、カイエン。

拡充する“4ドアポルシェ”のラインナップ

そしていまや、このフライラインは718ケイマンをはじめ、4ドアサルーンのパナメーラにも採用されている。これは、4ドアであってもスポーツカーメーカーであるポルシェのDNAがしっかりと継承されていると言うことを示唆している。

それを示すように現在のポルシェのラインナップをみると911、718、パナメーラ、マカン、カイエンと、実に5台中、3台が4ドアモデルで構成されている。さらにパナメーラのジュニアモデル「パジューン」の開発も進められ、さらなる“4ドアポルシェ”の拡充が計画されている。

モーターマガジン6月号(5月1日発売)では、新型パナメーラ ターボ、パナメーラ ターボS Eハイブリッド、マカン ターボパフォーマンス、マカンGTS、マカンS、カイエンS Eハイブリッドなどの“4ドアポルシェのスポーツ性”と“サルーンとしての快適性”を高い次元で両立し、且つ“伝統の継承と新たなる挑戦”に挑み続ける“4ドアポルシェ”にスポットをあてている。

画像: 写真左:新型パナメーラ ターボ 最高出力:550ps 車両価格:23,270,000円。写真右:マカンGTS 最高出力:360ps 車両価格:9,390,000円。

写真左:新型パナメーラ ターボ 最高出力:550ps 車両価格:23,270,000円。写真右:マカンGTS 最高出力:360ps 車両価格:9,390,000円。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.