ニッサンが2017年に入り日本の販売が好調に推移している。その一役を担っているのがノートeパワーだ。そんなモデルのひとつの個性となっているのが、スポーツモデルである「ノートeパワーNISMO(ニスモ)」だ。ノーマルとどう違うのか、試乗してみた。

画像: ガソリンモデルのノートにもNISMOモデルが存在するのでデザインの新鮮味は薄いが、このブルーラインが入ったフロントグリルはeパワーNISMOオリジナルのもの。

ガソリンモデルのノートにもNISMOモデルが存在するのでデザインの新鮮味は薄いが、このブルーラインが入ったフロントグリルはeパワーNISMOオリジナルのもの。

日産の好調の立役者がノートeパワー

最近の日産の好調ぶりは、ノートeパワーによるところが大きい。2017年に入り、1月、そして3月と、ノートは新車乗用車販売台数でナンバーワンに輝いている(2月はプリウスに次ぐ2位)。

異次元の加速感と、ワンペダルドライブ(アクセルペダルだけで加速/減速/停止ができる)による未来的な操縦性。発電するエンジン搭載による電欠からの解放。たしかに、乗っていてこんなにワクワクするコンパクトカーは久しぶりだ。

画像: リアフォグ付きバンパーや専用ルーフスポイラーで、リアビューもこのとおりスポーティ。

リアフォグ付きバンパーや専用ルーフスポイラーで、リアビューもこのとおりスポーティ。

モーター出力/パワー自体はノーマルと変わらない

そんなノートeパワーに追加されたNISMO(ニスモ)仕様。エクステリアだけ見れば、以前からガソリンモデルのノートNISMOが存在していたので新鮮味は少ないが、ルーフスポイラーや専用フロントグリルで“らしい”仕上がりだ。

インテリアもそう。バケットタイプのシートやセンターマーク付きのステアリングなど、ノーマルのノートとは異なったスポーティムードに溢れている。
 

画像: NISMOロゴ入り専用スエード調フルバケットタイプのスポーツシートを採用する。

NISMOロゴ入り専用スエード調フルバケットタイプのスポーツシートを採用する。

スポーツモデルのノートeパワーNISMOだが、モーター出力/トルク自体はノーマルのノートeパワーと変わらない。ただし専用コンピュータチューニングで、その制御は異なっている。

3つの走行モードの振り幅が大きいのがNISMOの特徴

スタートボタンを押して発進する。バッテリーの残量にもよるが、「ブルン」と一度エンジンがかかったあとすぐにEVモードに切り替わった。街乗りは至って静か。この走行感覚はリーフと似ている。

ドライブモードはECO/通常/S(スポーツ)の3種類。パーキングブレーキレバーの右にある「DRIVE MODE」ボタンを押すと、通常モード→Sモード→ECOモード、そして通常モードに戻る。

NISMOモデルは、通常モードだとガソリンモデルから乗り比べても違和感のない走りだ。このモードにはクリープもあるので、何も構えることなく運転することができる。

ドライブモードのボタンを1回押してSモード。このモードは、モーターならではの加速力が楽しめる。どの速度域からでも、アクセルを踏めば異次元のトルクが発生するのは、EVならではの味だ。この加速感はガソリンモデルでは味わえないものだ。

ECOモードは一転、加速が穏やかになり、アクセルオフ時の回生ブレーキが強くなる。このモードだと、一般道でのワンペダルドライブが可能になる。

画像: センターマーク付きの本革/アルカンターラステアリングで“やる気”を演出する。

センターマーク付きの本革/アルカンターラステアリングで“やる気”を演出する。

画像: これがドライブモードボタン。ここを押すとECO、通常、Sの3つの走行モードを切り替えられる。

これがドライブモードボタン。ここを押すとECO、通常、Sの3つの走行モードを切り替えられる。

昔ながらのスポーツ感と未来の走行感が同居する

NISMOモデルは、この走行モードの振り幅がノーマルのノートeパワーよりも広く、3つの際だった個性をそれぞれに楽しめるところがミソだろう。

そうした未来感と、ボディ補強や専用サスペンションによる、古きよきスポーツモデルの走り味が、1台のなかに同居しているところがこのクルマの面白さ。ノートeパワーの購入を検討しているならば、ぜひいちどNISMOモデルも試乗してみたほうがいい。

日産ノートeパワーNISMO 主要諸元

●サイズ=4165×1695×1530mm ●車両重量=1250kg ●モーター最高出力=109ps/3008-10000rpm ●最大トルク=254Nm/0-2008rpm ●エンジン=直3DOHC 1198cc ●最高出力=79ps/5400rpm ●最大トルク=103Nm/3600-5200rpm ●車両価格=245万8080円

画像: パワー/トルクのスペックはノーマルのノートeパワーと一緒だが、コンピュータのプログラムが異なる。

パワー/トルクのスペックはノーマルのノートeパワーと一緒だが、コンピュータのプログラムが異なる。

画像: ノートeパワーNISMO専用となるYOKOHAMA DNA S.driveタイヤ&16インチアルミホイール。

ノートeパワーNISMO専用となるYOKOHAMA DNA S.driveタイヤ&16インチアルミホイール。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.