マツダが開いた2017年3月期の決算発表会の席上、気になる計画が発表された。この秋に「エンジン効率を飛躍的に向上させたSKYACTIV次世代ガソリンエンジン技術と魂動デザインの次世代VISIONモデルを公表」することが明らかにされたのだ。ホリデーオート誌が独自の取材で入手している情報も交え、その正体に迫ってみたい。

去る4月28日、マツダの2017年3月期の決算が発表された。グローバルの販売台数は対前年2%増の155万9000台と過去最高の販売実績を達成した。さらに2018年度3月期にはグローバルで160万台の販売台数を見込むなど成長を見込んでいる。

そんな好調な業績を加速させるべく、この秋に公表されるのが「次世代ガソリンエンジン技術」と魂動デザインの「次世代VISONモデル」。公式にアナウンスされたのはここまでだが、「この秋」というのが今年10月27日から始まる東京モーターショーを指しているのは明白だと考える。

まずは次世代ガソリンエンジン技術。エンジン効率を飛躍的に向上〜とある。これが夢のガソリンエンジンと言われる「HCCI=予混合圧縮自己着火エンジン」を指しているのは間違いない。さまざまな自動車メーカーが研究開発に邁進しているが、実用化のめどが立っていることを公言しているのはマツダだけ。2019年から市場投入が開始されるSKYACTIV の第2世代=GEN2の目玉として、このHCCIがいよいよ公開されるだろう。(なお同時期には独自技術を採用する「マイルドハイブリッド」も市場投入予定)

画像: 2019年にはHCCIエンジン搭載車とマツダ独自技術によるマイルドハイブリッド搭載車も発売される。

2019年にはHCCIエンジン搭載車とマツダ独自技術によるマイルドハイブリッド搭載車も発売される。

そして、もうひとつが魂動デザインの次世代VISONモデル。あくまでピュアコンセプトカーであるとは思われるが、2015年の東京モーターショーで公開されたコンセプトカー「RX-VISION」のさらなる進化版を期待したいのが人情というもの。折しも今年はロータリー生誕50周年でもある。

画像: 2015年の東京モーターショーで初めて発表されたRX-VISION。より市販モデルらしいリアリティのあるカタチで登場することに期待したい。

2015年の東京モーターショーで初めて発表されたRX-VISION。より市販モデルらしいリアリティのあるカタチで登場することに期待したい。

この決算発表会では、ほかにも国内市場にはCX-3のガソリン車(SKYACTIV-G 2.0か? 今年7月頃に発売と予想する)や新型3列シートクロスオーバーCX-8の投入、2.5ℓターボ車(SKYACTIV-G 2.5T)の採用車種の拡大(海外?)なども公表された。ますます勢いづくマツダ、そして今秋の東京モーターショーへの期待が高まる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.