メルセデス・ベンツ日本は、スター・ウォーズの世界観を表現した特別仕様車「CLA180 スター・ウォーズ エディション」を発表。2017年5月2日より台数限定(ホワイト/ブラック各60台)で注文受付を開始した。
(タイトル写真はウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 コンシューマ・プロダクツ&インタラクティブ/アジアゲーム・ビジネス ゼネラルマネージャーのジャスティン・スカルポーネ氏と、メルセデス・ベンツ日本 株式会社の上野金太郎社長)

細部にまでこだわった「スター・ウォーズ」の世界観を感じる特別装備

CLAは2013年、「未知なる宇宙から地球へ到来したクルマ」として、まったく新しいプレミアムコンパクトカーというコンセプトを表現して登場した。

一方、「スター・ウォーズ」は1977年に全米で映画が公開されて以降、グローバル規模で常に話題性が高く、世代を超えて世界の方々に親しまれているSF映画シリーズ。
作品公開から40周年を迎える2017年、“宇宙”という共通のキーワードをきっかけに今回の特別仕様車のプロジェクトが開始された。

画像: メルセデス・ベンツ CLA180 スター・ウォーズ エディション(左:カルサイトホワイト、右:ナイトブラック)

メルセデス・ベンツ CLA180 スター・ウォーズ エディション(左:カルサイトホワイト、右:ナイトブラック)

特別仕様車は、「ストームトルーパー」をイメージしたカルサイトホワイトと、「ダース・ベイダー」をイメージしたナイトブラックの、各60台。前者はホワイトとブラックのコントラストを、後者はブラック基調にレッドをアクセントに使うなど、インテリアもスペシャルに仕立てられている。

特別装備としては、
・「R2-D2」の音声が流れるドライブレコーダー
・ドアを開けると「STAR WARS」のロゴが映し出されるウェルカムライト
・専用フロアマット
・専用リバーシブルサンシェード
・スペシャルナンバープレートとホルダー
など。
さらに、購入した人は、3体のドロイド「R2-D2」、「C-3PO」、「BB-8」とクルマと一緒に記念撮影もできるという。

価格は、ベース車のCLA180スポーツより69万円高の504万円(税込み)。
5月2日に東京・六本木のメルセデス・ベンツ コネクションで行われた発表会には、スター・ウォーズ ファンが100名も来場。スペシャルゲストとしてR2-D2とC-3POも登場して、発表会は大いに盛り上がった。

なお、この特別仕様車は、以下の日程で車両展示を行う予定だ。
・5/3(祝)、5/8(月)〜終了日未定:メルセデス・ベンツ コネクション(東京)
・5/3(祝)〜5/7(日):メルセデス・ベンツ コネクション(大阪)
・5/4(祝)〜5/7(日):代官山 T-SITE
・5/11(木)〜終了日未定:メルセデスミー 東京羽田

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.