懐かしのトヨタWRCマシン グラフィティ。今回は、1995年のツール・ド・コルスで優勝したセリカ GT-Four(ST205)だ。

6代目をベースにマシンをチェンジ

WRCの王者に君臨し、満を持して新型のST205セリカGT-Fourを投入したトヨタだが、予想以上に熟成に手間取った。
不振の原因は、ラリーカーとしては大柄になりすぎたボディと、複雑すぎるスーパーストラットサスペンションだった。
初優勝はボディの軽量化やアンチラグシステムの改良によって戦闘力が向上した1995年シーズン半ばのツール・ド・コルス。
しかし、その後も勝てないラリーが続き、シーズン後半には功を焦ったエンジニアがターボリストリクターに違法改造を施していたことが発覚。
トヨタはこの年の全ポイントを剥奪されるとともに、1年間の出場停止を課されてしまった(トヨタは自主的に2年間の出場停止を決断した)。
(解説:平松秀樹)

画像: 展示車両はレプリカ。ノーマルでは異形丸形4灯ヘッドランプだが、ラリー仕様では内側のランプは外されていた。

展示車両はレプリカ。ノーマルでは異形丸形4灯ヘッドランプだが、ラリー仕様では内側のランプは外されていた。

画像: ベース部分を上げて高くマウントされたリアウイングは、市販車にも採用された。

ベース部分を上げて高くマウントされたリアウイングは、市販車にも採用された。

画像: エンジンは従来どおり3S-GT改。排気量は変わらないが、パワースペックは微妙に異なっている。

エンジンは従来どおり3S-GT改。排気量は変わらないが、パワースペックは微妙に異なっている。

画像: フロアマットなどは剥がされているが、ダッシュボードにはパッドが張られている。

フロアマットなどは剥がされているが、ダッシュボードにはパッドが張られている。

画像: シートはレカロ、ベルトはサベルト。コクピットはロールケージに囲まれている。

シートはレカロ、ベルトはサベルト。コクピットはロールケージに囲まれている。

セリカ GT-Four(ST205) 主要諸元

全長×全幅×全高:4424×1770×1350mm
ホイールベース:2545mm
車重:1200kg
エンジン型式・種類:3S-GT改・水冷直列4気筒DOHC+ターボチャージャー
排気量:1988cc
最高出力:295ps(217kW)/5600rpm
サスペンション:前スーパーストラット/後マクファーソンストラット

なお、セリカ GT-Fourはお台場 メガウェブのヒストリーガレージ1階「モータースポーツ ヘリテージ」に展示されている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.