懐かしのトヨタWRCマシン グラフィティ。今回は、セリカに代わって登場したカローラ WRカーのプロトタイプだ。

欧州カローラをベースにした「WRカー」

トヨタが欠場している間に、WRCはグループAからWRカーヘと移行した。
「4WDターボ車を市販する」という重い足かせがなくなった各自動車メーカーは、自由なラリーカーづくりが可能になった。
WRC復帰に当たり、トヨタが選んだベース車は欧州カローラの3ドアハッチバックだった。
これにセリカ譲りの3S-GTエンジンと4WDシステムが押し込まれ、コンパクトなWRカーが成立した。
1997年のテスト参戦デビューを経て、98年から本格参戦。
カルロス・サインツが最終戦までドライバーズ選手権を争うなどの活躍を見せ、2年目の99年にはサインツ、オリオールが着実にポイントを積み重ねてトヨタに3度目のタイトルをもたらしている。
しかし、トヨタはF1への参戦を決定し、この年限りで27年間のラリー活動にいったん終止符を打つことになる。
(解説:平松秀樹)

画像: 展示車両はプロトタイプ。日本では発売されなかったヨーロッパ仕様のカローラ・ハッチバックがベースとなっている。

展示車両はプロトタイプ。日本では発売されなかったヨーロッパ仕様のカローラ・ハッチバックがベースとなっている。

画像: リアウイングは大型のダブルタイプを装着していたが、ボディの基本はノーマル車と大きく変わらない。

リアウイングは大型のダブルタイプを装着していたが、ボディの基本はノーマル車と大きく変わらない。

画像: セリカに搭載していた3S-GT改エンジンと4WDシステムが移植された。

セリカに搭載していた3S-GT改エンジンと4WDシステムが移植された。

画像: ミッションは新採用の電子油圧制御セミAT。ステアリング横の「ジョイスティック」で操作する。

ミッションは新採用の電子油圧制御セミAT。ステアリング横の「ジョイスティック」で操作する。

画像: セリカよりもコクピットはタイトだ。ドアとシートの間には、カーボン製の保護パネルもセットされている。

セリカよりもコクピットはタイトだ。ドアとシートの間には、カーボン製の保護パネルもセットされている。

カローラ WRカー(プロトタイプ) 主要諸元

全長×全幅×全高:4100×1770×1365mm
ホイールベース:2465mm
車重:1230kg
エンジン型式・種類:3S-GT改・水冷直列4気筒DOHC+ターボチャージャー
排気量:1988cc
最高出力:299ps(220kW)/5700rpm
サスペンション:前後マクファーソンストラット

なお、カローラ WRカーはお台場 メガウェブのヒストリーガレージ1階「モータースポーツ ヘリテージ」に展示されている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.