4月30日にイタリア・モンツァで開催された「FIA 世界ツーリングカー選手権(WTCC)」のメインレースで、ポールスター・シアン・レーシングのエースドライバー、テッド・ビョークが今季初優勝を飾り、ランキング2位に順位をあげた。
画像: ポールスター・シアン・レーシングのテッド・ビョーク選手。

ポールスター・シアン・レーシングのテッド・ビョーク選手。

画像: この接近戦は、WTCCでしか見られない。

この接近戦は、WTCCでしか見られない。

ケンカレースとも言われる迫力の接近戦

2017年のFIA 世界ツーリングカー選手権シリーズは、開幕戦のモロッコラウンド、第2戦イタリアラウンドを終えている。

そのWTCC第2戦のメインレースで、ボルボのワークスチーム「ポールスター・シアン・レーシング」のエースドライバー、テッド・ビョークは、ポールポジションからスタート。ラップレコードを出しほどの好調ぶりを見せ、ライバルのホンダのドライバー、ティアゴ・モンテイロを破り、今季初優勝を飾った。

ちなみにWTCCは、その大迫力の接近戦から「ケンカレース」「格闘技レース」とも言われているほどのハコ車の世界最高峰レースである。

画像: モンツァで今季初優勝。

モンツァで今季初優勝。

画像: ポールスター・シアン・レーシング。

ポールスター・シアン・レーシング。

レース後、「これは私が今までに経験した中で最高の勝利です。レース中は完全にリラックスし、優勝できると信じていました。チームは素晴らしい仕事をしてくれました。完璧なレースでした」とテッド・ビョークは語っている。

なお、このWTCCは日本ラウンドも予定されている。
この大迫力の接近戦レースは、10月28日(土)、29(日)にツインリンクもてぎで開催される予定だ。

画像1: ケンカレースとも言われる迫力の接近戦
画像2: ケンカレースとも言われる迫力の接近戦

選手権ランキング
ドライバーズ・トップ5
1:ティアゴ・モンテイロ(ホンダCivic)85ポイント
2:テッド・ビョーク(ボルボS60)70ポイント
3:ニッキー・カッツバーグ(ボルボS60)50ポイント
4:ノルベルト・ミケリス(ホンダCivic)46ポイント
5:ロブ・ハフ(シトロエンC-elysee)44ポイント
マニュファクチャラーズ
1:ボルボ 198ポイント
2:ホンダ 184ポイント

画像: Polestar Cyan Racing – 2017 WTCC – Race 2 – Monza www.youtube.com

Polestar Cyan Racing – 2017 WTCC – Race 2 – Monza

www.youtube.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.