2017年5月10日、BMWが3シリーズ グランツーリスモに2L 直列4気筒のディーゼルターボエンジンを搭載した4モデルを追加した。その中には、xDrive(4WD)を組み合わせた2車種も含まれている。

高い走行性能と経済性、さらに運転もしやすいディーゼルモデル

3シリーズ グランツーリスモとは、セダンをベースとして、クーペのような伸びやかなルーフラインと少し背を高くした個性的なモデルだ。そのエクステリアはひと目で3シリーズの一員であるとわかる。セダンと比較してみると、全長を200mm、ホイールベースを110mm、全高を50mm拡大されている。これによりゆとりのある前・後席の室内空間と、シートポジションを高めた視界の広さを実現している。

日本における3シリーズ グランツーリスモは、これまで2L 直4ターボのガゾリン車2モデルの展開だったが、ここにディーゼルエンジンを搭載した4車種が追加された。搭載する2L 直4ディーゼルターボエンジンは最高出力190ps/4000rpm、最大トルク400Nm/1750-2500rpmを発生する。さらに燃費(JC08モード)は19.4km/Lと経済的にも嬉しいモデルである。

画像: 輸入車でクラス唯一の、ディーゼルと 4WDを組み合わせたセダンなのだという。(2017年5月現在)

輸入車でクラス唯一の、ディーゼルと 4WDを組み合わせたセダンなのだという。(2017年5月現在)

さて、その4車種の中にはxDrive(4WD)の2モデルも含まれている。BMWは近年、FRだけでなく4WDモデルの展開を推し進めている。SUV人気によってラインナップの中で4WDの存在感が増していることは確かだが、2シリーズアクティブ/グランツアラーや4シリーズ、7シリーズなどにまで、そのラインアップを拡大してきている。悪路走破性という実用的な意味もあるが、BMWは4WDによって走行性能を高めるということを目的にしているようだ。

お財布にやさしく、悪路走破性や走行性能も高い。さらにアイポイントを高くしたことによる運転のしやすさなど、これは人気モデルになるだろう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.