クルマに関するマニアックなクイズを、月〜金の毎朝7:30に出題する自動車マニアッククイズ、通称クルマニQ。初級/中級/上級/マニア級のうち、今回は「マニア級」の問題。かなり難しいかも!

あと一カ月ほどで梅雨入り。あの鬱陶しい季節の到来です。さて、そんな時期に大活躍するのがワイパーですが、初めてリアウインドーにワイパーを装着した国産車はなんだったでしょうか?

リアワイパーを初めて採用した国産車はどれ?

  • 画像1: 【クルマニQ】リアワイパーを初めて採用した国産車は?【マニア編】
    1)5代目マツダ・ファミリア
  • 画像2: 【クルマニQ】リアワイパーを初めて採用した国産車は?【マニア編】
    2)初代ホンダ・シビック
  • 画像3: 【クルマニQ】リアワイパーを初めて採用した国産車は?【マニア編】
    3)初代トヨタ・スターレット
  • 画像4: 【クルマニQ】リアワイパーを初めて採用した国産車は?【マニア編】
    4)2代目日産サニー
  • 画像5: 【クルマニQ】リアワイパーを初めて採用した国産車は?【マニア編】
    1)5代目マツダ・ファミリア
    25
    31
  • 画像6: 【クルマニQ】リアワイパーを初めて採用した国産車は?【マニア編】
    2)初代ホンダ・シビック
    38
    47
  • 画像7: 【クルマニQ】リアワイパーを初めて採用した国産車は?【マニア編】
    3)初代トヨタ・スターレット
    26
    33
  • 画像8: 【クルマニQ】リアワイパーを初めて採用した国産車は?【マニア編】
    4)2代目日産サニー
    11
    14

正解は2)のホンダ・シビックでした。

画像9: 【クルマニQ】リアワイパーを初めて採用した国産車は?【マニア編】

1972年に発売されたシビックの最上級グレードであるGLに初めて採用されました。フロントワイパーはクルマの黎明期から採用されていましたが、リアワイパーは実はハッチバック・ボディの登場がきっかけだったのです。

ハッチバック車は走行中にリアの空気を巻き上げるので、リアウインドーに大量の水滴がつきます。その対策としていち早くリアワイパー(ウインドーウォッシャー付)を実用化したのがシビックだったのです。シビックの場合は、熱線入りリアウインドーとセットで採用されました。その後、この便利な装置はハッチバック車の普及とともに瞬く間に広がり、現在に至っています。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.