5月18日(木)から5月20日(土)までの3日間、ポートメッセ名古屋で開催される「ウェルフェア2017」(第20回国際福祉健康産業展)に、各自動車メーカーから福祉車両が出展される。

ホンダは「Fun for Everyone. Honda〜移動の喜びを一人ひとりに〜」をテーマとして、「FREED+(フリード プラス)」の車いす仕様車をはじめとするさまざまな福祉車両や、「Honda歩行アシスト」などの福祉機器を出展する。

画像: 「N-BOX +(エヌボックス プラス)」の車いす仕様車

「N-BOX +(エヌボックス プラス)」の車いす仕様車

画像: 「N-WGN(エヌ ワゴン)」の助手席回転シート車

「N-WGN(エヌ ワゴン)」の助手席回転シート車

画像: 加齢や疾病などにより歩行能力が低下した方のリハビリ補助を目的とした機器「Honda歩行アシスト」

加齢や疾病などにより歩行能力が低下した方のリハビリ補助を目的とした機器「Honda歩行アシスト」

日産は、ユーザーの生活のいろいろなシーンで役に立ちたいとの意味を込め、福祉車両を「ライフケアビークル」(LV:Life Care Vehicles)と呼称し、個人ユースから施設での利用まで対応する、幅広いラインナップを取り揃えている。今回はそのラインナップの中から、車いすのまま乗車できる「セレナ チェアキャブ スロープタイプ」をはじめ、電気自動車のまったく新しいカタチ「NOTE e-POWER」をベースに開発した「ノート 助手席回転シート」など、計3台を出展する。

画像: セレナ チェアキャブ スロープタイプ

セレナ チェアキャブ スロープタイプ

第20回 国際福祉健康産業展〜ウェルフェア2017〜開催概要

・開催日時:2017年5月18日(木)〜20日(土) 10:00〜17:00 入場無料・事前登録制
・開催場所:ポートメッセなごや(Hondaブースは第3展示館 G2)
      愛知県名古屋市港区金城ふ頭2丁目2番地
・主  催:名古屋国際見本市委員会

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.