アウディA5シリーズがフルモデルチェンジを行った。クーペは9年ぶり、スポーツバックは7年ぶり、カブリオレは8年ぶりとなる。御殿場で行われた試乗会で、最スポーツモデルのS5クーペに乗った。
画像: A5シリーズでもっともスポーツグレード、S5。S5クーペは913万円。

A5シリーズでもっともスポーツグレード、S5。S5クーペは913万円。

A5シリーズとして第2世代目

アウディA5シリーズは、「アウディ」というブランドを象徴するようなクルマだ。

先代となる初代A5クーペは、2007年3月のジュネーブショーで登場、エレガンスでスポーティな美しいスタイリングは、その知的な印象や、4シータークーペとしての実用性、そしてその高品質感から、世界中で大ヒット。2年後にはカブリオレとスポーツバックも登場。新しいユーザーを掴むことに成功した。


今回日本に上陸した2世代目は、クーペ/スポーツバック/カブリオレが同時にフルモデルチェンジを行っている。

いちばんのニュースは、先代ではA5販売のうちの50%以上を占めた「ボリュームゾーン」であるA5スポーツバックにFFモデルが登場したことだろう。価格も546万円から用意される。

スポーツモデル「S5」の実力は?

今回試乗したクルマは、もっともスポーティな「S5」のクーペ。1980年代を代表する「アウディクワトロ」の流れを21世紀に引き継いでいる1台だ。

搭載されるエンジンは、CWG型3LのTFSI(ターボエンジン)。最高出力354ps、最大トルクは500Nmを発生。アウディお得意のクワトロ(フルタイム4WDシステム)で、あり余るパワーを4輪で路面に伝える。

画像: エンジンはCWG型V6・2944ccターボ。JC08モード燃費は12.7km/L。

エンジンはCWG型V6・2944ccターボ。JC08モード燃費は12.7km/L。

S5はスポーツモデル。だが乗り心地が良い。

スポーツモデルと聞くと、がちがちの硬い乗り心地を想像してしまいがちだが、それはもう昔の話。ダンピングコントロール機能付きSサスペンションを採用するS5は、質の高いしなやかさを与えてくれる。

アウディドライブセレクトをどんなモードにしても、これならば後席に座る人から文句が出ることもないだろう。19インチ35扁平という薄いタイヤを履いているとはどうしても思えない、上質な大人の乗り味だ。

組み合わされるトランスミッションは8速ティプトロニック(AT)。いわゆる「トルコンAT」だが直結感もあるし、変速に節度があり、「S5クーペ」という立ち位置には相応しいと思う。

画像: 手に触れるところ、目に入るところ、素材や触感すべてにこだわった、アウディらしい高品質なインパネ。

手に触れるところ、目に入るところ、素材や触感すべてにこだわった、アウディらしい高品質なインパネ。

画像: 最新アウディモデルに採用されるこの「バーチャルコックピット」は7万円のオプション。

最新アウディモデルに採用されるこの「バーチャルコックピット」は7万円のオプション。

画像: トランスミッションは8速ティップトロニック(AT)。パドルシフトは標準装備。

トランスミッションは8速ティップトロニック(AT)。パドルシフトは標準装備。

画像: アウディドライブセレクト。エンジンのレスポンス、トランスミッションのプログラム、ステアリング特性、そしてダンパーのコントロールもここで行う。

アウディドライブセレクト。エンジンのレスポンス、トランスミッションのプログラム、ステアリング特性、そしてダンパーのコントロールもここで行う。

密度の濃い速度感。

2009年にS5クーペが登場したとき、搭載されたエンジンは354ps/440Nmを発生する4.2LのV8自然吸気エンジンだった。それが2014モデルでは333ps/440Nmを発生する3LのV6+スーパーチャージャーにチェンジ。

そして今回は354ps/500Nmの3L・V6ターボ。「日本の公道じゃ、そんなスペックいらないじゃん」と思うのも、わかる。そうなのだが、それでも日本の道でもこの余裕は楽しめる。

じつを言うと、4.2L・V8自然吸気から3L・V6スーパーチャージャーに変わったとき、パワーが減ったとかそういう意味ではなく、加速するときの盛り上がりに「密度感が薄くなった」感覚があった。いや、速い遅いの問題でもない。たぶん過給器つき3Lエンジンの方が軽いので、実質は速いと思う。

画像: エレガントかつスポーティなリアスタイル。ボディカラーのミサノレッドPEは8万5000円のオプション。

エレガントかつスポーティなリアスタイル。ボディカラーのミサノレッドPEは8万5000円のオプション。

エココンシャスなこの時代、多気筒の大排気量自然吸気モデルは、一般的にイコール「悪」のようなイメージに世間一般には捉えられがちだが、じつは大排気量NAだからこそ味わえる、密度の濃さ、ってのがある。

今回、新しくなったS5クーペに乗ってみると、パワー/トルクがアップしたことよりも、むしろその4.2L自然吸気モデルのときに感じた“密度の濃い速度感”が復活していることに感心した。

運転していて、豊かな気持ちになる感覚。いつまでもハンドルを握っていたくなる感覚。そういう大人のスポーツ感、このS5は持っている。

画像: 試乗車はレザーパッケージ仕様。オプションで23万円。

試乗車はレザーパッケージ仕様。オプションで23万円。

画像: 後席は2座で乗車定員は4名。

後席は2座で乗車定員は4名。

画像: 荷室容量はVDA式で465L。奥行きが広く、ゴルフバッグもすっぽり。

荷室容量はVDA式で465L。奥行きが広く、ゴルフバッグもすっぽり。

アウディS5クーペ 主要諸元

●サイズ=4705×1845×1365mm●ホイールベース=2765mm●車両重量=1680kg●エンジン=V6DOHCターボ・2994cc●最高出力=354ps/5400-6400rpm●最大トルク=500Nm/1370-4500rpm ●トランスミッション:8速AT ●JC08モード燃費:12.7km/L ●タイヤサイズ:255/35R19 ●車両価格=913万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.