有限会社テラモス(欧文表記 : TERRAMOS)代表でレーシングドライバーの寺田陽次郎は、本年6月にフランスのル・マンで開催されるル・マン24時間レースのサポートレースである「Road to Le Mans」レースに参戦する。
画像: 【ニュース】寺田陽次郎、ル・マン24時間のサポートレースに参戦

「Road to Le Mans」レースは、ル・マン24時間レースの主催者である ACO(フランス西部自動車クラブ)が推奨するLMP3車両およびFIA GT3車両によるレースで、24時間レースと同週の15日(木)と 17日(土) 決勝レーススタート前に行われる。

寺田氏がドライブするLMP3車両とは、全車が同じ5L・V8自然吸気エンジンをミッドシップに搭載したプロトタイプカーで、このRoad to Le Mansレースのほか、欧州を転戦するヨーロピアンルマンシリーズ、アジアンルマンシリーズ、アメリカのIMSAプロトタイプチャレンジなどの主要レースが導入するグローバルカテゴリーとなる。

今回、寺田氏が出場するRoad to Le Mansレースは、30台のLMP3車両がエントリーしており、1 時間レースをふたりのドライバーが交代で走るものとなる。寺田氏は、DKR エンジニアリング(本拠地 : ルクセンブルク)がメンテナンスするアデスLMP3車両に、かつてのパートナードライバーであるシルバン・ブーレイ(フランス)と共に乗る予定。

寺田氏は参戦に際し、次のように語っている。
「私は今年3月に古希を迎えましたが、ル・マンを走りたい意欲は留まるところを知らず、また、速く走るレー スカーへの憧れや操りたい情熱を抑えきれず、今回のエントリーとなりました。レース歴52年の中、これまで29回ル・マン 24 時間レースに出場し、4回のクラス優勝をしていますが、子供の頃の夢はいまだに変わらず私の心を占領しています。そしてル・マンとは、生涯をかけて追い求めるに値するレースなのです。走る歓びを通じて自らを高めたいと思いますし、今後もこの湧きいずる情熱を可能なかぎり持ち続けていきたいと思っています。今年もル・マンには東日本震災の被災地から中高生9名を招待し、異文化体験を通じて自立支援を育成する「Support Our Kids プログラム」を実施します。私がレースに参戦する姿から彼らが何かをつかんでくれれば幸いです。また、今回のレース参戦にあたり、ご支援をいただきました株式会社ウォックス(高濃度酸素リキッド WOX 販売会社)様に心より御礼を申し上げます」

【寺田陽次郎プロフィール】 1947 年神戸市生まれ 70 歳

1965年レースデビュー。1969年マツダオート東京に入社し、ロータリークーペ、カペラ、サバンナ RX-3などを経て、1974年富士ツーリングチャンピオンに輝く。以後1976年まで富士ツーリストトロフィーレースで3年連続優勝を果たす。海外レースでも、スパフランコルシャン、デイトナ、ル・マンの世界3大24時間レースに日本人として最初に出場。ル・マンには、1974年以降本年まで4回のクラス優勝を含め29回出場。日本人としての最多参加記録をもっている。株式会社マツダスピード退職後は、1997年に株式会社オートエクゼを創設し、マツダ車専用自動車部品の開発・販売に意欲的に取り組んでいる。また、サーキットでの豊富な経験を生かし、マツダドライビングアカデミーのインストラクターを務めている。2003年にACOの理事に就任し、日本および極東地域におけるモータースポーツ文化の架け橋役として活動中。
■写真:(C) 2017 TERRAMOS

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.