ホンダは、燃料電池車「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」のタクシー運用を2017年6月末をめどに開始する。

燃料電池車のタクシーに乗れる!?

今回、タクシー運用を行う目的は、燃料電池自動車(以下、FCV=Fuel Cell Vehicle と略)の将来に向けた用途拡大のため。
この運用に協力するのは、帝都自動車交通(東京都中央区)、仙台タクシー(宮城県仙台市)、大宮自動車(埼玉県さいたま市)、日野交通(神奈川県横浜市)の4社だ。
FCVに乗ってみたかったけれど機会がなかった人は、街中でクラリティのタクシーを見かけたら、思わず手を上げてしまいそうだ。

クラリティ フューエルセルは、一充填走行距離が約750km(JC08モード走行パターンによるホンダ測定値)、一回あたりの水素充填時間は3分程度といったガソリン車と変わらない使い勝手や、セダンタイプのFCVとして初めて5人乗りを実現した居住性(トヨタ MIRAIの後席は2人乗り)、電動車ならではの静かで力強く滑らかなドライブフィールが好評だ。

画像: リアシートは、タクシーとして使うのにも十分な広さがある。

リアシートは、タクシーとして使うのにも十分な広さがある。

ホンダはFCVの本格普及に向け、このタクシー運用を通じて得られた走行データなどのさまざまな情報をフィードバックし、FCVのさらなる性能進化に向けた研究開発に取り組んでいくという。
2020年の東京オリンピックの頃には、トヨタの次世代タクシーやニッサンのNV200タクシーに加え、クラリティ フューエルセルのタクシーも増えているだろうか。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.