キャデラックから、月の輝きのように美しいボディカラー「シルバームーンライトメタリック」をまとった特別限定モデル「シルバームーンライトエディション」がCTSとATSに設定された。なお販売台数はそれぞれ5台ずつ、合計10台のスペシャルモデル。価格は「CTSセダン シルバームーンライトエディション」が7,550,000円、「ATSセダン シルバームーンライトエディション」が5,850,000円。販売開始は2017年5月20日から。

画像: 【限定車】ムーンライトの輝きを備えるCTSとATS、キャデラックから各5台で発表

フロントグリルデザインなどが一新されたキャデラック新型CTSの発表に合わせて、そのニューCTSセダン、そしてATSセダンのそれぞれに、ニューカラーバリエーションとなるシルバームーンライトメタリックをまとった特別限定車が発表された。2台並んでいる画像の右がCTS シルバームーンライトエディション、左がATSセダン ムーンライトエディションだ。そのボディカラーの名称は「シルバームーンライトメタリック」。この色は本国ではカラーバリエーションのひとつとしてラインナップされているものではあるものの、日本仕様ではこれまで未設定となっていたもの。“未知なる月の美しい輝きを表現した”というものであるだけに、その洗練されたカラーリングがジェットブラック色の内装と組み合わされることでより一層、最新キャデラックの洗練されたフォルムを優雅に演出してみせてくれている。

インテリアはジェットブラック、シック感を強調

画像: CTS シルバームーンライトエディションのリアスタイル。シャープなキャデラックならではのデザインテイストをより強調される特別なボディカラーだと感じられる。アクティブオンデマンドAWDシステムを備えた4WDモデル。

CTS シルバームーンライトエディションのリアスタイル。シャープなキャデラックならではのデザインテイストをより強調される特別なボディカラーだと感じられる。アクティブオンデマンドAWDシステムを備えた4WDモデル。

画像: CTS シルバームーンライトエディションのインテリアカラーはジェットブラック。そしてカーボンファイバートリム、ETC2.0車載器を備える。なお電動スライディングルーフ(サンシェード付)は標準装備となる。

CTS シルバームーンライトエディションのインテリアカラーはジェットブラック。そしてカーボンファイバートリム、ETC2.0車載器を備える。なお電動スライディングルーフ(サンシェード付)は標準装備となる。

画像: ATSセダン シルバームーンライトエディションのリアビュー。CTSよりひとまわり小柄なATSセダンだが、最新キャデラックらしい独自のデザインテイストは十分な魅力を備えている。なおこちらはFRモデルとなる。

ATSセダン シルバームーンライトエディションのリアビュー。CTSよりひとまわり小柄なATSセダンだが、最新キャデラックらしい独自のデザインテイストは十分な魅力を備えている。なおこちらはFRモデルとなる。

画像: ATSセダン シルバームーンライトエディションもインテリアカラーはジェットブラック。そしてブラッシュドアルミナトリム、電動スライディングルーフ(サンシェード付)、ETC2.0車載器を備える。

ATSセダン シルバームーンライトエディションもインテリアカラーはジェットブラック。そしてブラッシュドアルミナトリム、電動スライディングルーフ(サンシェード付)、ETC2.0車載器を備える。

キャデラック CTS シルバームーンライトエディション、キャデラック ATSセダン シルバームーンライトエディションの両モデルともに、エンジンは最高出力203kW(276ps)/5300rpm、最大トルク400Nm(40.8kgm)/3000-4500rpm仕様の2L 直列4気筒DOHCターボエンジンを搭載。そして8速ATが組み合わされる。なお、CTS シルバームーンライトエディションは「アクティブオンデマンドAWDシステム」による4WDモデル、ATSセダン シルバームーンライトエディションはFRモデルとなる。販売台数はそれぞれ国内5台限定だ。価格はCTS シルバームーンライトエディションが標準モデルに対して+100,000円、ATSセダン シルバームーンライトエディションはATS プレミアムに対して+150,000円という設定。なお両モデルとも、左ハンドル仕様となる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.