クルマに関するマニアックなクイズを、月〜金の毎朝7:30に出題する自動車マニアッククイズ、通称クルマニQ。初級/中級/上級/マニア級のうち、今回は「中級」の問題をどうぞ。

1980年代後半から1990年代初頭にかけて、日産は「パイクカー」と呼ばれる、大量生産を前提とせずに遊び心のあるクルマを何車種か発売し、どれも人気を博しました。
では、日産のパイクカーは何車種作られたでしょうか?

日産のパイクカーは、何車種作られた?

  • 1 2車種
  • 2 3車種
  • 3 4車種
  • 4 5車種
  • 1 2車種
    5
    4
  • 2 3車種
    32
    28
  • 3 4車種
    54
    47
  • 4 5車種
    9
    8

正解は、3の「4車種」でした。

画像: Be-1(1987年)

Be-1(1987年)

第一弾は「Be-1」。1985年の東京モーターショーに参考出品されて人気を呼び、1987年に発売されました。ベースは初代マーチ。限定1万台でしたが、2カ月で予約完了という好評ぶりでした。

画像: PAO(1989年)

PAO(1989年)

第二弾は「PAO」。1987年の東京モーターショーに参考出品され、1989年に発売されました。これもベースは初代マーチ。3カ月限定の受注生産でBe-1を上回る5万台以上の申し込みがあり、納期は最長で1年半だったそうです。

画像: S-Cargo(1989年)

S-Cargo(1989年)

第三弾は「S-Cargo(エスカルゴ)」。PAOと同様、1987年の東京モーターショーに参考出品され、1989年に発売されました。ベースはパルサーバン。1989年1月〜1990年12月の受注生産で、1万台以上が販売されました。

画像: FIGARO(1991年)

FIGARO(1991年)

第四弾は「フィガロ」。これもベースは初代マーチですが、これのみターボ付き。電動オープントップや本革シートを採用した、オシャレなコンパクトカーでした。2万台の限定で、購入者は抽選で決定されました。

日産では、この後も「ラシーン」のようなユニークなモデルや、オーテックジャパンがマーチをレトロ風にカスタマイズした「ボレロ」などを発売しています。
これらのルーツが、ここで紹介したパイクカーと言えるかもしれません。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.