住友ゴムグループのファルケンタイヤヨーロッパは、5月25日(木)~28日(日)にドイツで開催される世界最大級のツーリングカーレース「第45回ADACチューリッヒ ニュルブルクリンク24時間耐久レース」に2台体制で参戦、総合優勝を目指す。
画像: Porsche 911 GT3RとBMW M6 GT3の2台が参戦する。

Porsche 911 GT3RとBMW M6 GT3の2台が参戦する。

今年から2台体制に強化

FALKENは1999年以降、世界一過酷なレースとも言われる「ニュルブルクリンク24時間レース」に参戦を続けている。今年は、昨年のレースでポルシェ勢最上位となる総合9位で完走した「Porsche 911 GT3R」に、新たに「BMW M6 GT3」を加えた2台体制に強化し、総合優勝を目指す。


また、昨年に続きFALKENはオフィシャルスポンサーとして同レースに協賛¥、ブースの出展や各種イベントを行う。

FALKENブースでは、バーチャルリアリティを活用した体験型コンテンツや最新のFALKENタイヤラインアップの展示のほか、会場内ではドリフトショーを行うなど、各種イベントの実施によりFALKENブランドの訴求を図る。

画像: FALKENブースの様子(イラストイメージ)。

FALKENブースの様子(イラストイメージ)。

クラス SP9(FIA-GT3)
チーム FALKEN Motorsports

車両 Porsche 911 GT3R

チーム監督 Sven Schnabl
ドライバー
Martin Ragginger
Jorg Bergmeister
Dirk Werner
Laurens Vanthoor

車両 BMW M6 GT3

チーム監督 Sven Schnabl
ドライバー
Peter Dumbreck
Alexandre Imperatori
Marco Seefried
Stef Dusseldorp

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.