クルマに関するマニアックなクイズを毎朝8:00に出題するクルママニアッククイズ、通称クルマニQ。初級/中級/上級/マニア級のうち、今回は「中級」の問題。

画像: 【クルマニQ】世界で初めて電子制御5速ATを搭載したクルマは?【中級編】

運転時のフィーリングや動力の伝達ロスの改善が進み、ここ数年見直されているトルコンAT(オートマチック・トランスミッション)。今では国産車でも6速は当たり前、世界に目を向ければ10速まで登場・・・という感じで多段化が進んでいます。

そこで今回のクエスチョン。世界で初めて電子制御5速ATを搭載したクルマは?というのが今回のクエスチョンです。

世界で初めて電子制御5速ATを搭載したクルマは?

  • 1 メルセデス・ベンツ Sクラス
  • 2 トヨタ セルシオ
  • 3 ホンダ レジェンド
  • 4 日産 セドリック/グロリア
  • 1 メルセデス・ベンツ Sクラス
    9
    15
  • 2 トヨタ セルシオ
    24
    41
  • 3 ホンダ レジェンド
    19
    32
  • 4 日産 セドリック/グロリア
    48
    81

正解は4の日産 セドリック/グロリアのでした。

画像: Y31型セドリックは1987年に登場。電子制御 5速ATは、1989年のマイナーチェンジを機に導入された。

Y31型セドリックは1987年に登場。電子制御 5速ATは、1989年のマイナーチェンジを機に導入された。

画像: 2L・ツインカムターボの VG20DET型エンジンは 1989年のマイナーチェンジでインタークーラーターボ化と同時にハイオク仕様となり、最高出力は210psまで引き上げられた。

2L・ツインカムターボの VG20DET型エンジンは 1989年のマイナーチェンジでインタークーラーターボ化と同時にハイオク仕様となり、最高出力は210psまで引き上げられた。

世界初の電子制御 5速ATは Y31型のセドリック/グロリアに世界で初めて搭載されました。この世界初の電子制御5速ATはジヤトコが開発を担当し、VG20DET型( 2.0L V6 DOHCターボツインカムターボ )に組み合わされ合わされました。

ちなみに日産は、その後同じセドリック/グロリア( Y34型 )で、ベルトではなく2つのコマをこすり合わせて動力を伝達する「エクストロイドCVT」を世界で初めて実用化しています。

画像: 1999年に登場した Y34型グロリア。世界初のトロイダル CVT「エクストロイドCVT」を搭載。

1999年に登場した Y34型グロリア。世界初のトロイダル CVT「エクストロイドCVT」を搭載。

このように世界初の技術を積極的に実用化してきたことが「技術の日産」と呼ばれる由縁なのです。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.