久しぶりに珍しいクルマを見つけました! 外苑西通りに駐まっていた、黄色いトラック。
このクルマ、どこの国の、なんていうクルマ?

小型トラックなのに、3軸のトランスポーター!?

顔つき、フロントのエンブレム、そして黄色いボディカラーから、メーカーはなんとなく分かるかもしれないけど、トラックなんて日本にはたぶん正規輸入されていない。
しかも、3軸でトランスポーター風に改装されているから、メーカーものじゃなさそうだ…。

画像: 小型トラックなのに、3軸のトランスポーター!?

このクルマの名前(ベース車)は、「ルノー・マスター」。ルノーの商用車で、現行モデルは3代目。
バンタイプ(標準ルーフとハイルーフ)が基本だが、今回のベース車のようなトラックもラインアップされている。
オペル/ヴォグゾールやヨーロッパ日産にもOEM供給され、オペル/ヴォグゾールでの車名は「モヴァノ」で、日産での車名は「NV400」。
エンジンは2.3Lの直4ターボディーゼルで、100/125/150psの3バージョンを設定。このクルマは150ps仕様のようだった。

さて、「ベース車」と書いたのは、写真のクルマはドイツのALGEMAというトレーラーなどの架装メーカーが作ったものらしいから。
それにしても、このトランスポーターに何を積んで走るんだろうか。ちょっと気になったけど、近くにオーナーらしき人はいなかったので話は聞けませんでした…残念。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.