「世界でもっとも過酷なレース」ともいわれる“ニュルブルクリンク24時間レース”。アウディは今年も積極果敢なエントリーを発表している。トップカテゴリーのSP9-GT3クラスだけでも、合わせて6台のR8 LMSが参戦するのだ。今週末、ドイツのニュルブルクリンクで開催されるハードでタフなレースに興味津々だ。

エントリー総数160台以上の大人気レース

画像: これは2016年、前回のニュルブルクリンク24時間レースの画像。この年、アウディは9台のR8 LMSをエントリーさせている。

これは2016年、前回のニュルブルクリンク24時間レースの画像。この年、アウディは9台のR8 LMSをエントリーさせている。

2017年5月27日(土)から28日(日)にかけてドイツ北西部、アイフェル地方のニュルブルクの街は盛大な盛り上がりを見せる。

そう、様々なカテゴリーのレーシングマシンが160台あまりも参加して、厳しい高低差やおよそ170ものコーナーを持つ1周20km強の「ノルドシュライフェ(北コース[オールドコース])」と「GPコース(グランプリコース)」を連結した1周25kmというニュルブルクリンクのフルコースを舞台に、モータースポーツの一大イベント「ニュルブルクリンク24時間レース」が開催されるからだ。

ニュルブルクリンク24時間レースのスタートは、現地時間27日(土)の15時30分。ゴールはもちろん、24時間後の28日(日)15時30分が予定されている。このレースのエントラント(参加者)は、ドイツメーカーを中心とした強豪ワークスチームを始めとして、アマチュアチームまで実に多種多様な点も興味深いところ。

参加クラス(カテゴリー)も、実に幅広く多様なバリエーションが用意されている。この中で、いわゆるトップクラスに相当するのが「SP9-GT3」となる。ここは総合優勝を狙う“GT3”マシンの量産レーシングカーが大挙して参戦する最速マシンたちのクラスだ。

そしてアウディは同社が誇るレーシングマシンのR8 LMSで参戦して、2012年、2014年、2015年に総合優勝を果たしている。昨年はメルセデスAMG GT3が1位、2位、3位、4位を独占するという快挙を成し遂げて、アウディR8 LMSは総合8位が最上位という結果であった。

その雪辱を果たすべく、今年は7つのチームからSP9-GT3クラスに合計6台のアウディR8 LMSがエントリーされている。果たして、2015年以来の4度目となる総合優勝を飾ることができるのか、アウディファンにとって今週末のレースはぜひとも注目したいところである。

画像: カーナンバー5番を得たSP9クラス R8 LMS。フェニックスレーシングからのエントリー。

カーナンバー5番を得たSP9クラス R8 LMS。フェニックスレーシングからのエントリー。

画像: カーナンバー9のSP9クラス R8 LMS。アウディスポーツ チームWRTのエントリー。

カーナンバー9のSP9クラス R8 LMS。アウディスポーツ チームWRTのエントリー。

画像: もう1台のアウディスポーツ チームWRTマシン、R8 LMS。カーナンバー10。

もう1台のアウディスポーツ チームWRTマシン、R8 LMS。カーナンバー10。

画像: SP9クラスのアウディR8 LMS。アウディスポーツ チームランド/ランドモータースポーツからのエントリー。

SP9クラスのアウディR8 LMS。アウディスポーツ チームランド/ランドモータースポーツからのエントリー。

画像: SP9クラスのアウディR8 LMS。アウディスポーツ チームランド/ランドモータースポーツからの2台目エントリー。

SP9クラスのアウディR8 LMS。アウディスポーツ チームランド/ランドモータースポーツからの2台目エントリー。

より市販モデルに近いR8のGT4マシンも2台参戦

また今回から、市販型R8とおよそ60%の部品を共用しているマシン、アウディR8 LMS GT4もデビューを飾る。これは、プロフェッショナルドライバーたちではなく、最近人気を高めつつあるGTレースに参戦するアマチュアドライバーたち向けカテゴリーのためのマシンである。カテゴリーは「SP-X」で、カーナンバー17と18の2台がエントリーしている。こちらもその結果が期待されるマシンだ。

画像: アウディスポーツ チームフェニックスからのエントリー。R8 LMS GT4。

アウディスポーツ チームフェニックスからのエントリー。R8 LMS GT4。

画像: もう1台のR8 LMS GT4。こちらもアウディスポーツ チームフェニックスからのエントリーだ。

もう1台のR8 LMS GT4。こちらもアウディスポーツ チームフェニックスからのエントリーだ。

画像: 2016年のニュルブルクリンク24時間レース。R8 LMSは三連覇の夢を叶えることはできなかった。

2016年のニュルブルクリンク24時間レース。R8 LMSは三連覇の夢を叶えることはできなかった。

画像: こちらも2016年のニュルブルクリンク24時間レース。山間の地に位置するため、天候が変わりやすいのもニュルブルクリンクの特徴。チームとドライバーには、あらゆる事態を想定したレースマネージメントが要求される。

こちらも2016年のニュルブルクリンク24時間レース。山間の地に位置するため、天候が変わりやすいのもニュルブルクリンクの特徴。チームとドライバーには、あらゆる事態を想定したレースマネージメントが要求される。

画像: 1周20kmを超えるノルドシュライフェ(北コース)。数多くのブラインドコーナーがあり、エスケープゾーンも限定的。トップマシンの最高スピードはオーバー300km/h、カテゴリーが異なるクルマとの速度差も凄まじい。こちらも、前回(2016年)のニュルブルクリンク24時間レースのカットだ。

1周20kmを超えるノルドシュライフェ(北コース)。数多くのブラインドコーナーがあり、エスケープゾーンも限定的。トップマシンの最高スピードはオーバー300km/h、カテゴリーが異なるクルマとの速度差も凄まじい。こちらも、前回(2016年)のニュルブルクリンク24時間レースのカットだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.