現在、日本では31ブランドの輸入車を購入することができる。この連載企画ではその中から超プレミアムなモデルをセレクトして紹介する。第10回目は「アストンマーティン ヴァンテージ」だ。(Motor Magazine Mook「輸入車年鑑 2017」より)
画像: アストンマーティン  ヴァンテージ  V12 S クーペ。アストンマーティンとしては比較的コンパクト。

アストンマーティン ヴァンテージ V12 S クーペ。アストンマーティンとしては比較的コンパクト。

エントリーモデルだがエキサイティングだ

アストンマーティンブランドで、最もコンパクトな2シーターFRスポーツだ。ボディタイプは、クーペとロードスターの2種類を用意する。ロードスターのソフトトップはクラシカルなファブリックで、48km/hまでならば走行中でも約18秒で開閉できる。

エンジンはV8とV12が用意され、ヴァンテージSの4.7L V8は436ps/490Nm、V12ヴァンテージの6L V12は571ps/620Nmを発揮する。V8モデルはMTとATを選べるが、V12モデルはATのみとなる。

注目ポイント:比較的コンパクトでアストンマーティンのエントリーモデルではあるが、強力なエンジンを搭載しており、十分にスポーティでエキサイティングな走りが楽しめる。

アストンマーティン ヴァンテージ 主要諸元

全長:4380〜4385mm
搭載エンジン:4.8L V8DOHC/6.0L V12DOHC
駆動方式:FR
トランスミッション:6速MT/7速AT
車両価格:16,607,168円(V8 クーペ MT)〜24,986,200円(V12 Sロードスター)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.