2017年6月10日(土)より、全国のジープ正規ディーラーにて、スモールSUV「Renegade(レネゲード)」の限定モデル「Jeep Renegade Night Eagle(ナイトイーグル)」を限定200台 、3,099,600円で販売する。

ジープ レネゲードは、2015年9月に日本へ導入されたスモールSUV。フロントグリルには伝統の7スロットルグリルを採用し、ジープであることを主張している。

今回発売される「レネゲード ナイトイーグル」にも当然7スロットルグリルを搭載するが、グリルを含め、エクステリアとインテリアなどのすべてがブラックアウトされ、クールなイメージを演出している。

この特別仕様車は、レネゲードのベースグレードである「ログニチュード」を使用し、1.4L直4ターボエンジン(最高出力140ps)を搭載する。

ナイトイーグルの一番の魅力は、ヘッドホンなどで有名な「Beats Audio」が特別チューニングした高性能スピーカーが搭載されているだけでなく、上級グレード「リミテッド」に装着される「車線逸脱警報」や「前面衝突警報」などの安全装備なども標準装備する。

これまでのレネゲードにはない、シックなブラックカラーを身にまとい、数多くの特別装備を装着したナイトイーグルは、限定200台。しかもリミッドより、9万円も安い3,099,600円となれば、迷っている時間はない。

画像: ジープ・レネゲード ナイトイーグル:限定200台 、3,099,600円

ジープ・レネゲード ナイトイーグル:限定200台 、3,099,600円

画像: Night Eagle専用ファブリックシートには、7スロットグリルがエンボス加工される。

Night Eagle専用ファブリックシートには、7スロットグリルがエンボス加工される。

画像: 専用チューニングされた、高音質スピーカー「Beats Audio」を装備する。

専用チューニングされた、高音質スピーカー「Beats Audio」を装備する。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.