メルセデス・ベンツGクラスと言えば、登場からすでに38年経過したにも関わらずライフスタイルにこだわるユーザーに圧倒的な支持を受けているが、その“AMG”に初の右ハンドルが設定された。
画像: メルセデスAMG G63。写真は左ハンドル車。

メルセデスAMG G63。写真は左ハンドル車。

G63は左ハンドルと右ハンドルの両方を用意

6月7日、メルセデス・ベンツ日本は「メルセデスAMG G63」に右ハンドル仕様を追加したと発表した。実はこれ、かなりなビッグニュースと言える。と言うのはメルセデス・ベンツ日本が2001年からAMGモデルの販売を開始して以来、AMGのGクラスとして初の右ハンドル仕様だからだ。

セレブ御用達である“AMGのGクラスと言えば左ハンドルと決まっていた”ところに風穴が開いたわけだ。左側通行の国には右ハンドルが適していることは言うまでもないが、このAMG G63に限ってはこれで右ハンドルが主流になっていくのかどうかは微妙だ。

いずれにしろユーザーの選択肢が広がることはいいこと。今回の右ハンドル追加について、メルセデス・ベンツ日本の努力には拍手を送りたい。

○メルセデス・ベンツGクラスのラインナップ
G350d(右・3L V6ディーゼルターボ)1080万円
G550(左・4L V8ツインターボ)1530万円
AMG G63(左/右・5.5L V8ツインターボ)1971万円
AMG G65(左・6L V12ツインターボ)3564万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.