ハンガリーのマジャールスズキ社で生産されるスズキのコンパクトクロスオーバー「S-CROSS」が一部仕様変更を実施。欧州仕様と同じフロントマスクに変更されたほか、トランスミッションを従来のCVTから6速ATに変更することで、よりダイレクト感のある走りを実現した。発売は7月6日から。

欧州仕様と同じ力強いフロントマスクに変更。ヘッドランプにはLEDを組み合わせる。

スズキが欧州ハンガリーの工場で生産するコンパクトクロスオーバー「S-CROSS」が一部仕様変更をうけて7月6日より発売される。

画像: 新色のボディカラー「スフィアブルーパール」

新色のボディカラー「スフィアブルーパール」

画像: 新色のボディカラー「エナジェティックレッドパール」

新色のボディカラー「エナジェティックレッドパール」

一部仕様変更とは言っても、その変更箇所はラージマイナーチェンジと言っていいほど。外観では、フロントマスクを一新。ヘッドランプ、バンパー、グリル、ボンネットフードを先に発売されている欧州仕様と同じデザインに変更。併せて17インチの大径タイヤを採用して最低地上高を20㎜高く(185㎜)して、より力強い存在感のあるフォルムに生まれ変わった。

画像: エアコンルーバーガーニッシュにはサテンメッキ加飾を、インパネセンターガーニッシュにピアノブラック塗装を採用してインテリアの質感も向上している。

エアコンルーバーガーニッシュにはサテンメッキ加飾を、インパネセンターガーニッシュにピアノブラック塗装を採用してインテリアの質感も向上している。

ドライブトレーンにも大がかりな変更がある。従来型では無段変速のCVTを搭載していたが、よりダイレクト感のある高い走行性能を実現するため、6速ATに変更している。なお、エンジンは1.6LのDOHCでスペックなどに変更はない。

前述のとおりハンガリーからの輸入車であるため、販売目標台数は年間600台と控えめ。とはいえ、欧州仕込みの走りをリーズナブルに楽しめる「SX4 S-CROSS」はもっと注目されてもいいクルマだと言える。

[価格(税込み)]
2WD:206万2800円 4WD:227万8800円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.