2017年6月21日、アウディがそれぞれのシリーズの頂点に立つRSモデルを2台発表した。アウディ RS3 スポーツバックとRS5 クーペだ。2.5L 直5の400psエンジンと2.9L V6の450psエンジンを搭載するスーパーマシンだ。
画像: アウディ RS3 スポーツバック。ハニカムメッシュのシングルフレームグリルがスポーティな印象を与える。

アウディ RS3 スポーツバック。ハニカムメッシュのシングルフレームグリルがスポーティな印象を与える。

Audi Sport GmbHの手によるホットモデル

アウディのRSモデルとはAudi Sport GmbHが手がけるシリーズ最強のホットモデルだが、それが2台同時に、6月21日、日本で発表になり受注が開始された。

アウディ RS3 スポーツバックはA3シリーズの頂点に立つモデルで、新開発の2.5L 直列5気筒DOHCターボエンジンを搭載する。アルミ合金製のクランクケースを採用することなどでエンジン重量を従来より26kg軽量化、これに7速Sトロニックとクワトロ4WDシステムを組み合わせている。

画像: アウディ RS3 スポーツバック。リアビューも迫力十分だ。

アウディ RS3 スポーツバック。リアビューも迫力十分だ。

軽量コンパクトなボディということもあり、0→100km/h加速はわずか4.1秒でこなす。また、NEDCで8.3L/100km(12.0km/L)という低燃費を実現していることも特徴的だ。

エクステリアではハニカムメッシュの専用シングルフレームグリルを備えており迫力たっぷり。また、トレッドは前が20mm、後ろが14mm、標準モデルより幅広くなっており、そのぶんホイールアーチが張り出し、さらに車高は25mm低いので、ワイド&ローが強調されている。

画像: アウディ RS5 クーペ。ブリスターフェンダーで標準モデルより全幅は15mm拡大している。

アウディ RS5 クーペ。ブリスターフェンダーで標準モデルより全幅は15mm拡大している。

一方、RS5 クーペはA5シリーズの頂点に立つモデルで、新開発の2.9L V6DOHCツインターボエンジンを搭載している。そして、これにはトルコン式ATである8速ティプトロニックが組み合わされている。駆動方式はもちろんクワトロだ。

これで0→100km/h加速は4秒を切る3.9秒、さらに最高速は280km/hに達するという。フロントサスペンションは改良型の5リンク、リアも5リンクを採用して、スポーツ走行に対応するとともに快適性も大幅に向上したという。

画像: アウディ RS クーペ。バンパー下のリアディフューザーも迫力を演出している。

アウディ RS クーペ。バンパー下のリアディフューザーも迫力を演出している。

エクステリアはRSモデルの定番といえる“quattro”のロゴを配した専用シングルフレームグリルを始め、大型のエアインレット、専用前後バンパーなどでRSモデルやしいスポーツ性を強調している。

どちらも全国のAudi Sport店(26店舗)とアウディ正規ディーラー(125店舗)を通じて6月21日から受注開始、発売は9月下旬の予定だ。

車両価格(ハンドル位置)

アウディ RS3 スポーツバック(右):7,670,000円
アウディ RS5 クーペ(右/左):12,570,000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.