「メルセデス AMG GT R」の受注が開始された。これはメルセデス AMG GT3で得たノウハウが注ぎ込まれたレーシングモデルであり、しかも公道を走ることができる。また、メルセデス AMGとして初めて4輪操舵システムを搭載するなど技術的な注目点も多い。
画像: メルセデス AMG GT R。公道を走ることができるレーシングカーだ。

メルセデス AMG GT R。公道を走ることができるレーシングカーだ。

究極のパフォーマンスを発揮する

メルセデス・ベンツ日本が「メルセデス AMG GT R」を発表、2017年6月27日から完全受注生産モデルとして販売が開始された。

「メルセデス AMG GT R」はSUPER GT選手権やニュルブルクリンク24時間耐久レースなどで活躍しているレーシングカー「メルセデス AMG GT3」の公道走行可能なバージョンだ。あくまでもレーシングカーで、それが公道走行もできるということであり、公道を走りやすくしたモデルではない。

画像: 20インチのホイールを収めるためにアルミ製サイドウォールでリアの幅を57mm拡大した。

20インチのホイールを収めるためにアルミ製サイドウォールでリアの幅を57mm拡大した。

搭載される4L V8DOHCツインターボエンジンは徹底した軽量化とドライサンプによる低重心化が図られ、最高出力は585ps/6250rpm、最大トルクは700Nm/1900-5500rpmを誇る。また、トランスミッションはデュアルクラッチ式のAMGスピードシフトDCT(7速)を採用する。

そして、ボディにはアルミニウムスペースフレームを採用、さらにフロントミッドシップのトランスアクスルで前後重量配分は48:52を実現した。

画像: 表面にナッパレザーとマイクロファイバーを使用したバケットシート。

表面にナッパレザーとマイクロファイバーを使用したバケットシート。

さらに注目はメルセデスAMGとして初めて4輪操舵システムを搭載したことだ。「AMG リア・アクスルステアリング」というもので、リアアクスルに通常のコントロールアームに代えて、ステアリングアクチュエーターを2個備えている。トー角の最大変化量は1.5度で車速が100km/h以下では逆位相、100km/hを超えると同位相に変化する。

その他にも「AMG 強化ブレーキシステム」や「AMG トラクションコントロール」など、サーキットをより速く走るための装備を満載している。

車両価格は2300万円で新車購入から3年鑑走行距離無制限の一般保証・メンテナンスサービスと24時間ツーリングサポートをしてくれる「メルセデス・ケア」も適用される。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.