テレビCMでおなじみ「フォルクスワーゲン史上、いちばん小さな傑作です。」のアップ!に、専用のバンパーやホイールなどを装備し、背を高くしたクロスオーバータイプのクロスアップ!が2017年6月27日に限定車として発売された。限定台数は300台、207万9000円となっている。

見た目だけではない、オーディオやシートなど装備内容もアップ!

フォルクスワーゲンのラインナップでもっともコンパクトなアップ!。約3.6mの全長と1L直3というコンパクトなエンジンなどの組み合わせや、2017年4月のマイナーチェンジなどから話題になっているクルマだ。そのアップ!の背を高く、装備を充実させた“クロスアップ”が限定車として登場した。

画像: クロスアップ!のボディカラー、コスタアズールメタリックは新色。150台限定。

クロスアップ!のボディカラー、コスタアズールメタリックは新色。150台限定。

最低地上高を10mmアップさせ、さらに専用デザインのバンパーを前後に装備し、サイドモールやフェンダーモールなどを新たに装備することでSUVテイストを強調している。その他にも、ルーフレールや16インチアルミホイールなどの装備で特別感を演出。

画像: トルネードレッドも150台限定となる。

トルネードレッドも150台限定となる。

内装ではアップ!でオプション扱いとなっているフルオートエアコンや、シートヒーターなどを標準装備することで快適性や使い勝手を向上。さらに嬉しいのがオーディオのアップグレードだ。力強い重低音から澄んだ高音域までを出力する“ビーツ サウンド システム(beats sound system)”は、7スピーカーでこだわりのオーディオを楽しむことができる。

ボディカラーはコスタアズールメタリック(新色・ブルー系)とトルネードレッド の2色で、それぞれ150台が限定。価格は207万9000円となっている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.