ワイルドでアクティブなイメージが強いジープ ラングラーに、シリーズ初となるホワイトカラーのハードトップを装着した「ジープ ラングラー JK (4,276,800円)」が限定車100台で2017年7月8日から発売される。

今回発売される「ジープ ラングラー JK」の魅力は、そのボディカラーだろう。パステルカラーのブルーをベースにルーフをホワイトにすることで、ワイルドなイメージのラングラーがカジュアルなクルマに大変身している。

用意されるボディカラーは、鮮やかなブルーの「チーフ(20台)」と薄いベージュの「ゴビ(80台)」の2色。どちらのカラーもハードトップには、ラングラー初となるホワイトカラーが採用される。

そしてモデル名の「ジープ ラングラー JK」だが、この“JK”は3代目ラングラーのコードネーム「JK」からきているそうだ。人気が集中しそうなブルーの「チーフ」は20台しか用意されないので、気になる人は急いだ方がよさそうだ。

画像: ボディカラー:チーフ20台。

ボディカラー:チーフ20台。

画像: ボディーカラー:ゴビ80台。

ボディーカラー:ゴビ80台。

特別装備
 <エクステリア>
• ホワイトハードトップ
• フードパワードーム
• WRANGLER JKバッジ
• シルバーJeep®バッジ
• WRANGLERフードデカール
• ブラックカラーフューエルフィラードア
• ホワイトハードスペアタイヤカバー
• 18インチシルバーメタリックホイール

 <インテリア>
• ブラックレザーシート(フロントシートヒーター付)
• ディーゼルグレイステッチ入りインテリア
• シルバーアクセント入りステアリングホイール
• WRANGLER JKバッジ付アシストハンドル
• ユタ州モアブの座標入りスポーツバーカバー

限定100台
チーフ:20台
ゴビ:80台
価格:4,276,800円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.