現在、日本では31ブランドの輸入車を購入することができる。この連載企画ではそれをジャンル毎に紹介していく。プレミアムカーはvol.040で終了し、今回からはSUVとなる。まずは「アウディQ7」だ。(Motor Magazine Mook「輸入車年鑑 2017」より)
画像: アウディ Q7 3.0TFSI クワトロ。3L  V6スーパーチャージャーエンジンを搭載する。

アウディ Q7 3.0TFSI クワトロ。3L V6スーパーチャージャーエンジンを搭載する。

Qシリーズの頂点に君臨する

アウディで最も大きなSUVがQ7だ。主な市場は北米で、初代モデルは日本ではやや持て余し気味の巨体だった上にQ5の登場もあってラインナップから消えていたが、昨年1月にフルチェンジされた2世代目が再上陸している。

新型はわずかながらもサイズダウンした上で、パッケージングを工夫することにより居住スペース、ラゲッジルームとも拡大に成功した。オプション設定されるサードシートの居住性も大幅に向上した。

画像: クリーンなスタイリングが印象的。ボディサイズも少しコンパクトになった。

クリーンなスタイリングが印象的。ボディサイズも少しコンパクトになった。

最大300kg軽量化したボディに搭載されるのは252psの2L直4ターボと、333psの3L V6スーパーチャージャー。駆動は両車ともクワトロで8速ATと組み合わされる。バーチャルコックピットやアウディプレセンスなどの最新装備も完備する。

注目ポイント:3.0TFSIと2.0TFSI、ふたつのモデルの価格差は125万円。軽量化も効いていて2.0TFSIでも走りは軽快だが、大型SUVらしいダイナミックな走りはやはり3.0TFSIでこそ味わえる。

画像: この2代目ではインテリアは水平基調のデザインに一新された。

この2代目ではインテリアは水平基調のデザインに一新された。

アウディQ7 主要諸元

全長×全幅×全高:5070×1970×1735mm
搭載エンジン:2L直4ターボ/ 3L V6 SC
駆動方式:4WD
トランスミッション:8速AT
車両価格:8,040,000~9,290,000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.