プジョー シトロエン ジャポンは、エントリー価格の限定モデル「PEUGEOT 208 First Selection」を全国限定240台、199万円で7月3日より発売する。

208 ファーストセレクションは、「初めての輸入車、初めてのプジョー車」をキーワードに「アクティブシティブレーキ」を装備しながら、199 万円という戦略的な価格を設定したエントリーモデル。この限定車はベースモデルの「208スタイル」から、バックソナー、レザーステアリング、スーパーティンテッドガラスを省いたことで199万円という価格を実現している。しかし、エクステリアデザインをはじめ、プジョー独自のインテリアコンセプト“iCockpit”、新タッチスクリーンはそのままとしている。また、オートヘッドライト、レインセンサー、クルーズコントロールなども標準とし、エントリーグレードでありながら、ひとクラス上の快適性を提供している。ボディカラーは人気の、リオハレッド、ダークブルー、ビアンカホワイトの3色から選択できる。

画像: アイコックピット、新タッチスクリーン、オートヘッドライト、レインセンサー、クルーズコントロールを標準装備。

アイコックピット、新タッチスクリーン、オートヘッドライト、レインセンサー、クルーズコントロールを標準装備。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.