現在、日本では31ブランドの輸入車を購入することができる。この連載企画ではそれをジャンル毎に紹介していく。現在はSUVにスポットを当てており、今回は「アウディ Q2」をピックアップした。(Motor Magazine Mook「輸入車年鑑 2017」より)
画像: アウディ Q2 1.4 TFSI。六角形を基調としたデザインが新しさを感じさせる。

アウディ Q2 1.4 TFSI。六角形を基調としたデザインが新しさを感じさせる。

十分なラゲッジルームを確保

2017年4月26日についに日本の地を踏んだアウディの最小SUVがQ2。全長4200mm、全幅1795mm、全高1530mmというボディサイズは日本でも使いやすい。対してホイールベースは2595mmと長めで、リアシートは結構広く、ラゲッジルームも405Lと十分な容積を確保している。

立体的なラインが入ったボンネットや、高めにマウントされた8角形のシングルフレームグリルがSUVらしい力強さを表現する一方で、なだらかなルーフラインやカラーを切り返したCピラーがスポーティな印象も醸し出すエクステリアも魅力的だ。

画像: SUVとしては全高が低めなのもQ2の特徴のひとつだ。

SUVとしては全高が低めなのもQ2の特徴のひとつだ。

搭載エンジンはA1にも積まれる3気筒の1.0TFSIのパワーアップバージョンと、気筒休止を備えた1.4TFSI。車両価格も戦略的だ。

注目ポイント:速さを求めるなら1.4TFSIとなるが、おそらく人気の中心は1.0TFSIとなることだろう。トルクバンドが広く扱いやすい上に振動や騒音も少なく、ノーズが軽いおかげで操縦性も軽快なのだ。価格も手頃。

画像: 長いホイールベースにより余裕のある室内を実現している。

長いホイールベースにより余裕のある室内を実現している。

アウディ Q2 主要諸元

全長×全幅×全高:4200×1795×1530mm
搭載エンジン:1L直3ターボ/1.4L直4ターボ
駆動方式:FF
トランスミッション:7速DCT
車両価格:2,990,000~4,050,000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.