スバルは、「レヴォーグ」大幅改良モデルを2017年7月3日に発表し、8月7日に発売する。
画像1: 1.6GT-S EyeSight

1.6GT-S EyeSight

画像2: 1.6GT-S EyeSight

1.6GT-S EyeSight

今回の大幅改良では、全車速域でアクセル・ブレーキ・ステアリングの操作をサポートするアイサイトの新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」をスバルとして初搭載。ロングツーリングの際の快適性と安心感を大幅に高めている。

さらに後退時自動ブレーキシステム、フロントビューモニター、スマートリヤビューミラー、ステアリング連動ヘッドランプ等の先進安全機能を新たに追加。全方位にわたってドライバーの安全運転を支援する仕様としている。

走行性能はサスペンションと電動パワーステアリングの改良により、乗り心地や操縦安定性、操舵フィーリングを高めたほか、ボディの各所に振動騒音対策を施すことで走行時の静粛性を向上。加えて、1.6Lエンジンの制御を最適化し、実用燃費を向上させている。

レヴォーグの強みである最先端の安全性能やツーリング性能にさらに磨きをかけることで、ドライバーが「いつまででも、どこまででも走り続けたい」と思える性能を実現を目指している。

画像3: 1.6GT-S EyeSight

1.6GT-S EyeSight

エクステリアは、フロントグリルやフロントバンパー、LEDヘッドランプのデザインを刷新するとともに、フロントフォグランプにLEDを採用したことで、より精悍なフロントフェイスとしたほか、一部グレードには新しいデザインのアルミホイールを採用。ボディカラーには新色の「ストームグレー・メタリック」も新たに用意し、レヴォーグの魅力をさらに高めている。

画像: 2.0GT-S EyeSight

2.0GT-S EyeSight

インテリアは、インパネやセンターコンソール、センターパネルをはじめとする各種パネルをより質感の高いものに変更。8インチのナビゲーションにも対応した仕様とし、ビルトインナビのデザインも一新した。

また、これまでもインパネ中央上部に搭載されていたマルチファンクションディスプレイを5.9インチの大型カラー液晶に変更し、より高精細で見やすい車両情報表示を実現している。

さらに、利便性を高めるためにリヤシートの分割方式を多彩なアレンジが可能な4:2:4分割に変更したほか、これまで本革シート装着車にのみに設定されていたシートヒーターを、1.6GT EyeSightを除くグレードに標準装備。気持ちの良いロングドライブを、インテリアでもサポートする。

画像1: STI Sport

STI Sport

画像2: STI Sport

STI Sport

レヴォーグの主な改良内容

■安全性能

・アイサイト
 ◆アイサイト・ツーリングアシスト
 ◆後退時自動ブレーキシステム
・アイサイトセイフティプラス
 ◆フロントビューモニター
 ◆スマートリヤビューミラー
・ステアリング連動ヘッドランプ
・オートビークルホールド

■走行性能

・フロント&リヤサスペンション改良
・電動パワーステアリング改良
・外部からの音の侵入や振動を抑えることによる車内静粛性向上
・高μブレーキパッド採用
・1.6Lエンジンの制御最適化

■エクステリア

・新デザインLEDハイ&ロービームランプ
・新デザインフロントグリル
・新デザインフロントバンパー
・LEDフロントフォグランプ
・新デザインフロントフォグランプカバー
・新デザイン18インチアルミホイール
・新ボディカラー「ストームグレー・メタリック」追加

■インテリア

・新デザインインパネ加飾パネル
・新デザインフロントコンソール
・新デザインセンターパネル
・新デザインドアスイッチパネル(ピアノブラック調+シルバー塗装)
・新デザインドアグリップ
・マルチファンクションディスプレイ(5.9インチ大型カラー液晶)
・新型8インチビルトインナビ
・ワンタッチフォールディング機能付4:2:4分割可倒式リヤシート
・シートヒーター(ファブリックシート装着車)

レヴォーグ 車種構成&価格表

画像: レヴォーグ 車種構成&価格表
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.