現在、日本では31ブランドの輸入車を購入することができる。この連載企画ではそれをジャンル毎に紹介していく。現在はSUVにスポットを当てており、今回は「BMW X1」をピックアップした。(Motor Magazine Mook「輸入車年鑑 2017」より)
画像: BMW X1 xDrive 18d Mスポーツ。FFとFFベースの4WDを用意する。

BMW X1 xDrive 18d Mスポーツ。FFとFFベースの4WDを用意する。

FF仕様も用意される

X1はBMWのSUV最小レンジを受け持つクルマ。現行型は2015年10月に上陸した2世代目だが、先代X1がFRの3シリーズをベースにしていたのに対して、現行型はMINIや2シリーズ アクティブツアラーで培ったFFプラットフォームにスイッチした。

パッケージングも変わってキャビンボリュームとユーティリティが大幅に向上している。エンジンは1.5L直3ターボがsDrive(FF)用、2種類のチューンが揃う2L直4ターボがxDrive(4WD)との組み合わせとなる。

注目ポイント:SUV風の実用車が欲しいならFFのsDrive18iでも十分だが、SUVとしての機能を重視するならやはりxDrive、手頃な20iが良いだろう。こちらは8速AT採用で静粛性も高い。

BMW X1 主要諸元

全長:4455mm
搭載エンジン:1.5L直3ターボ/2L直4ターボ/2L直4ディーゼルターボ
駆動方式:FF/4WD
トランスミッション:6速AT/8速AT
車両価格:4,050,000~6,140,000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.