現在、日本では31ブランドの輸入車を購入することができる。この連載企画ではそれをジャンル毎に紹介していく。現在はSUVにスポットを当てており、今回は「ジャガーF-PACE」をピックアップした。(Motor Magazine Mook「輸入車年鑑 2017」より)
画像: ジャガー Fペイス 35t Rスポーツ。ジャガーらしい躍動感のあるスタイリングだ。

ジャガー Fペイス 35t Rスポーツ。ジャガーらしい躍動感のあるスタイリングだ。

いかにもジャガーらしい仕上がり

XFのアルミアーキテクチャーを共有、ブランド初のSUVとして登場したのが「Fペイス」だ。XFが持つ素性の良さをそのまま引き継いだ優れたハンドリング性能と、ピュアスポーツのFタイプに通じるエクステリアデザインによって、世界レベルで大ヒットしている。

日本に導入されるエンジンはV6スーパーチャージャーの380ps仕様と、2L 4気筒ディーゼルの2種。ラゲッジルームは508Lを確保し、後席は40:20:40 分割のリクライニングを備えるなどユーティリティも万全だ。

画像: 「Rスポーツ」はスポーティトリム類などで精悍さを増している。

「Rスポーツ」はスポーティトリム類などで精悍さを増している。

さらに、ウォータープルーフ仕様・耐衝撃のリストバンド型アクティビティキーをリアゲートのジャガーロゴにかざすと、センサーが感知して施錠・解錠できる先進装備も初めて採用している。

注目ポイント:V6ガソリンエンジンは最上級グレードのSだけに搭載。その他3グレードは全車ディーゼルの構成だ。今後、Fペイスにも最新2Lインジニウムエンジンが追加されるか、注目だ。

画像: インターフェイスはまさに高級なサルーンのようだ。

インターフェイスはまさに高級なサルーンのようだ。

ジャガー Fペイス 主要諸元

全長×全幅×全高:4740×1935×1665mm
搭載エンジン:2L直4ディーゼルターボ/3L V6 SC
駆動方式:4WD
トランスミッション:8速AT
車両価格:6,390,000~9,810,000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.