現在、日本では31ブランドの輸入車を購入することができる。この連載企画ではそれをジャンル毎に紹介していく。現在はSUVにスポットを当てており、今回は「ランドローバー レンジローバー イヴォーク クーペ」をピックアップした。(Motor Magazine Mook「輸入車年鑑 2017」より)
画像: レンジローバー  イヴォーク クーペ  HSE ダイナミック。SUVの常識を破ったスタイリング。

レンジローバー イヴォーク クーペ HSE ダイナミック。SUVの常識を破ったスタイリング。

あらゆる面で革新的なSUV

5ドア以上に衝撃的だったショーモデルの造形を忠実に再現したのが「クーペ」と呼ばれる3ドアバージョンだ。前傾姿勢のスポーティなフォルムが特徴的で、5ドアに比べてルーフラインの後傾を強めているために、30mm車高が低くなっている。

パーソナルスポーツSUVとして斬新な提案はインターフェイスにも多い。ジャガーなどでも採用されたダイヤル式のATセレクターなどを備える。多彩なパックオプションも魅力のひとつだ。

注目ポイント:駆動伝達を切り替えて燃費効率を高めるアクティブ・ドライブラインや、テレインレスポンス、ヒルディセント・コントロールなどの悪路走破ライドも得意中の得意だ。

レンジローバー イヴォーククーペ 主要諸元

全長×全幅×全高:4355×1900×1605mm
搭載エンジン:2L 直4ターボ
最高出力:240ps/5500rpm
最大トルク:340Nm/1750rpm
駆動方式:4WD
トランスミッション:9速AT
車両価格:7,175,000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.