現在、日本では31ブランドの輸入車を購入することができる。この連載企画ではそれをジャンル毎に紹介していく。現在はSUVにスポットを当てており、今回は「ランドローバー ディスカバリースポーツ」をピックアップした。(Motor Magazine Mook「輸入車年鑑 2017」より)
画像: ランドローバー ディスカバリー スポーツ SE。3列シートも選択可能だ。

ランドローバー ディスカバリー スポーツ SE。3列シートも選択可能だ。

一見都会派、実はアウトドア派

フリーランダー2の実質的後継車として登場した。全長4610mmと、兄貴分のディスカバリーよりひとまわり以上もコンパクトになるが、3列シートの7人乗りも選択可能だ。

リアサス形式をマルチリンク式に変更し、ベースとなったイヴォークよりも全長は270mm長い。高いユーティリティ性能を持ちつつ、車名のとおりスポーティなルックスが特徴だ。

画像: ボディは大きすぎず、小さすぎず、日本で使うにはちょうどいいサイズ。

ボディは大きすぎず、小さすぎず、日本で使うにはちょうどいいサイズ。

エンジンは2Lの直4直噴ターボと9速ATの組み合わせで、駆動方式はテレインレスポンスも備えた4WDとなる。ランドローバーとしてはオンロード寄りの性格を備えるものの、最大渡河深度は600mmとフリーランダー2より100mm進化し、兄貴分であるディスカバリーに迫る数字を達成している。

注目ポイント:5+2となる3列目シートはオプション設定で、折り畳めば981Lのフラットかつ広大なラゲッジルームを作り出すことができる。2列目も前後に160mmスライド可能、ゆったりドライブが楽しめる。

画像: エンジンストップ/スタートシステムを搭載し、インフォテインメントも最新版。

エンジンストップ/スタートシステムを搭載し、インフォテインメントも最新版。

ランドローバー ディスカバリースポーツ 主要諸元

全長×全幅×全高:4610×1895×1725mm
搭載エンジン:2L直4ターボ
最高出力:240ps/5500rpm
最大トルク:340Nm/1750rpm
駆動方式:4WD
車両価格:5,100,000~7,230,000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.