現在、日本では31ブランドの輸入車を購入することができる。この連載企画ではそれをジャンル毎に紹介していく。現在はSUVにスポットを当てており、今回は「シボレー キャプティバ」をピックアップした。(Motor Magazine Mook「輸入車年鑑 2017」より)
画像: シボレー キャプティバ  ラグジュアリー。貴重な7シーターSUVだ。

シボレー キャプティバ ラグジュアリー。貴重な7シーターSUVだ。

先進のインフォテイメントを搭載

2011年7月より日本で販売されているフルタイム4WDシステムの7シーターSUV。ミドルサイズのボディに、可変バルブタイミングを備えた2.4L直4DOHCエンジンを搭載。トランスミッションは6速ATを採用する。

画像: ボリューム感のあるリアスタイル。

ボリューム感のあるリアスタイル。

ラインナップはベーシックグレードと、上級仕様のラグジュアリーの2タイプで、いずれも右ハンドル仕様が用意されている。両グレードともApple CarPlay / AndroidAuto対応のシボレーMyLinkインフォテイメントシステムを標準装備する。

注目ポイント:2.4LのECOTECエンジンと前後輪を100:0から50:50の範囲で最適に駆動配分するアクティブオンデマンドAWDシステムを搭載、オールラウンドの走りが楽しめる。

画像: インパネまわりはかなりスポーティな印象。

インパネまわりはかなりスポーティな印象。

シボレー キャプティバ 主要諸元

全長×全幅×全高:4690×1850×1790mm
搭載エンジン:2.4L直4
最高出力:167ps/5600rpm
最大トルク:230Nm/4600rpm
駆動方式:4WD
トランスミッション:6速AT
車両価格:3,790,000~4,140,000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.