普段は当たり前のように運転しているのだが、よくよく考えてみると、世界の大部分がクルマ右側通行/左ハンドル・・・なのに、日本は左側通行/右ハンドルなんだろう? と思ったことはないだろうか? モータージャーナリストの片岡英明氏に聞いてみた。
画像: 普段はなにも考えずに道路の左側を運転しているが・・・。

普段はなにも考えずに道路の左側を運転しているが・・・。

イギリスを手本にした近代化がその由来

ご存じのように、日本の道路を自動車で走るときは、左側通行が基本となっている。

日本では、江戸時代には早くも左側通行のルールが定着していた。当時は名の知れた街道でも道幅は狭い。街中の路地ともなれば、驚くほど道が狭いのである。

 当時は武士の時代で、ほとんどの侍は右利きだから、左の腰に刀を差していた。だから右側通行だと、すれ違うときに相手と刀のさやが当たる可能性が高くなる。鞘当てが原因で刃傷沙汰になることもあるだろう。そこでお互いの安全のために左側通行になっていった。

明治時代になってからは、新政府を支援したイギリスを手本として日本の近代化が進んでいる。金融や鉄道、通信などにイギリス式を取り入れた。交通法と道路整備に関しても、イギリス式としたから左側通行になったのだろう。江戸時代から日本人が慣れ親しんでいるから都合がよかったのだと思われる。

戦前はヨーロッパも右ハンドル車が一般的だった

ちなみにクルマは右ハンドルだが、これは日本やイギリスなど、左側通行の国だけではなかった。1920年代まではアメリカにも右ハンドル車が多かったし、ヨーロッパも右ハンドル車が一般的だったのだ。豪華リムジンのピアスアロー(アメリカ)やブガッティ(フランス)、アルファロメオ(イタリア)などは右ハンドル車だった。

戦前のクルマは、右外側にブレーキを装備するクルマが多い。半数以上の人は利き腕が右だから、右腕で操作しやすいように右側に配したのである。だから必然的に右ハンドルになった。

画像: 1910年製のアルファロメオ24HP。現存するこのクルマを見ると右ハンドルだったことがわかる。

1910年製のアルファロメオ24HP。現存するこのクルマを見ると右ハンドルだったことがわかる。

画像: 1910年製アルファロメオ24HP。当時は欧州車でも右ハンドルが一般的だった。

1910年製アルファロメオ24HP。当時は欧州車でも右ハンドルが一般的だった。

沖縄は1978年7月30日に、一夜にして右→左側通行に変更

第二次世界大戦中、日本の統治下にあった朝鮮や台湾は、終戦までは日本と同じように、クルマも人も左側通行が基本。が、敗戦により、日本に代わってアメリカや中国国民軍が統治することになる。

朝鮮半島にはアメリカ軍が進駐し、民主化に乗り出した。これを機に左側通行を右側通行に変えたのだ。台湾も、戦後処理で中国の国民軍が治めるようになると、中国と同じ右側通行に戻されている。
 沖縄は日本の領土だが,戦後の20年ほどはアメリカの施政権下にあった。だからアメリカの法制を敷き、右側通行の交通法規を採用している。これが改められるのは返還された6年後の1978年7月30日だ。一夜にして左側通行に変えられた。

画像: 青色が自動車が「左側通行」、赤色が自動車が「右側通行」の国。台湾や韓国など、戦前は日本の統治下にあった国々も、戦後に右側通行になっている。

青色が自動車が「左側通行」、赤色が自動車が「右側通行」の国。台湾や韓国など、戦前は日本の統治下にあった国々も、戦後に右側通行になっている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.