マツダ・ロードスターのオーナーズクラブであるRCOJは、2017年も横浜のマツダR&Dセンターで「ロードスター展」を開催中だ。

「ロードスターBROS」の最新号も売ってます!

マツダ・ロードスターのオーナーズクラブ、RCOJ(Roadster Club of Japan)による「ロードスター展」が、2017年も7月15日(土)〜17日(月・祝)、22日(土)・23日(日)、29日(土)・30日(日)の計7日間、横浜市神奈川区守屋町のマツダ横浜R&Dセンターで開催される。開場時間は12時〜17時。

今回の主な展示車&展示物は、
・NAレストア プロジェクト トライアル車
・100万台記念 署名車(ND)
・SKYACTIV シャシ(ND)
・ND ホワイトボディ
・ロードスター RF
…など。

画像: とても28年前の車とは思えないほどキレイにレストアされたNAロードスター。

とても28年前の車とは思えないほどキレイにレストアされたNAロードスター。

レストア プロジェクト トライアル車は、マツダが初代NAロードスターのレストアサービスとサービスパーツの供給維持を開始するために、走行17万kmの中古車を入手して、ひととおりのレストア作業をトライした車両。
新車のような仕上がりは、一見に値するだろう。

画像: ボディ全面に世界中の人の署名が入った、生産累計台数100万台到達記念のNDロードスター。

ボディ全面に世界中の人の署名が入った、生産累計台数100万台到達記念のNDロードスター。

100万台記念の署名車は、2016年4月22日にロードスターの生産累計台数100万台到達を記念して、日本をはじめ世界中のイベントなどで、お祝いの署名をしてもらったもの。
7000人くらいの署名が入っているらしい…!

画像: 写真手前からSKYACTIVシャシ、NDのホワイトボディ、ロードスターRFが並ぶ。

写真手前からSKYACTIVシャシ、NDのホワイトボディ、ロードスターRFが並ぶ。

その他にも写真パネルの展示やビデオの上映、RCOJのグッズなどの販売も行われている。
姉妹誌「ロードスターBROS.」の最新号も発売されているので、まだ購入していない人は、ぜひ!

例によって、トークショーとかサイン会のようなイベントはないけれど、ロードスターのファンならクルマを眺めながらまったり過ごせる雰囲気がいい。
オーナーでもクラブ員でなくても、ロードスターに興味を持っている人なら、夏休みのひとときを過ごしに行ってみるといい。
RCOJ事務局長の水落さんが、気さくに迎えてくれるはずだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.