現在、日本では31ブランドの輸入車を購入することができる。この連載企画ではそれをジャンル毎に紹介していく。現在はSUVにスポットを当てており、今回は「メルセデス・ベンツGLA」をピックアップした。(Motor Magazine Mook「輸入車年鑑 2017」より)
画像: メルセデス・ベンツ GLA220 4マティック。全高を低くしてスポーツ性を強調したスタイル。

メルセデス・ベンツ GLA220 4マティック。全高を低くしてスポーツ性を強調したスタイル。

デザインも走りもスポーティさを演出

SUVラインナップでもっとも小さなモデルとして2014年に誕生し、2017年4月にマイナーチェンジした。クーペを思わせるスタイリッシュなフォルムながら、力強いフェンダーアーチやルーフレールといったSUVらしいスタイリングを採用している。

GLA180は1.6L 4ターボのFFモデル、2L直4ターボの上級グレードとなるGLA250 4マティックは4WDとなる。さらに、その中間モデルとして2L直4ターボのGLA220 4マティックが追加された。

注目ポイント:コンパクトSUVは今、世界中で注目されるもっとも熱いトレンド。AクラスベースのSUVだけにシャキッとした走りの良さが特徴で、スポーティな内装デザインも魅力的だ。

メルセデス・ベンツGLA 主要諸元

全長×全幅×全高:4424×1804×1494mm
搭載エンジン:1.6L直4ターボ/2L直4ターボ
駆動方式:FF/4WD
トランスミッション:7速DCT
車両価格:3,980,000~5,130,000円

画像: メルセデスAMG GLA45 4マティック。2L直4エンジンとして最高レベルの高出力を誇る。

メルセデスAMG GLA45 4マティック。2L直4エンジンとして最高レベルの高出力を誇る。

AMG45はSUVの常識を覆す高性能ぶり

GLAのトップモデルであり、メルセデスAMGの最小SUVでもあるのがGLA45 4マティックだ。最高出力280kW(381ps)、最大トルク475Nmの強力な2L直4ターボエンジンを搭載している。

4マティックは通常走行時はほとんど前輪のみで駆動し、状況に応じて前100:後0 ~前50:後50の範囲でトルクを可変配分することによって、高性能なエンジンのパワーを4輪を介して効率よく路面に伝えるシステムとなっている。

注目ポイント:AMGが手がければ、SUVでも立派なスポーツカーへと変貌する。市販モデル最強クラスの2Lターボエンジンのパワーは強烈そのもの。走りも楽しませてくれるSUVだ。

メルセデスAMG GLA45 4MATIC 主要諸元

全長×全幅×全高:4455×1804×1494mm
搭載エンジン:2L直4ターボ
最高出力:381ps/6000rpm
最大トルク:475Nm/2250-5000rpm
駆動方式:4WD
トランスミッション:7速DCT
車両価格:7,920,000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.