フェラーリの創業は1947年で今年70周年を迎えた。これを記念して様々なイベントが開催されるようだが、Webモーターマガジンでは何回かにわたってフェラーリ70周年のマイルストーンを振り返ってみたいと思う。第5回は跳ね馬ファンならずとも一度は行ってみたい大人の遊園地“フェラーリ ワールド”だ。
画像: アブダビのヤス島にある「フェラーリ ワールド」。2010年に開園して今年で7年目になる。

アブダビのヤス島にある「フェラーリ ワールド」。2010年に開園して今年で7年目になる。

最高速240km/hのジェットコースター

2010年のこと、アラブ首長国連邦のアブダビに「フェラーリ ワールド」がオープンした。これはひとつの自動車メーカーであるフェラーリに特化したテーマパークであり、世界初の試みと言っていいものだ。フェラーリだからこそできたものと言い換えてもいいかも知れない。

このプロジェクトがフェラーリとアブダビ政府の間で動き出したのは2005年のことで、2007年11月にはフェラーリ ワールドの定礎式が行われて建設がスタートした。

フェラーリ ワールドは人工的に作られたヤス島にあるが、毎年F1グランプリが開催されている「ヤス・マリーナ・サーキット」の所在地でもある。そもそもフェラーリ ワールドはここアブダビでF1グランプリが初開催される時期に合わせてオープンしたのだ。

画像: 一番人気のアトラクションは「フォーミュラ ロッソ」というジェットコースター。最高速はなんと240km/hオーバー。

一番人気のアトラクションは「フォーミュラ ロッソ」というジェットコースター。最高速はなんと240km/hオーバー。

総敷地面積は20万㎡でそのうち8万6000㎡が、中央に跳ね馬をあしらった赤い屋根で覆われている。来場者をもっとも歓ばせているのは、その屋根がないところに設置された「フォーミュラ ロッソ」というジェットコースターで、これは世界最速だそうだ。その最高速は240km/hを上回り、そのときに乗員の眼を保護するため先頭車両に乗る人にはゴーグルが手渡されるという。

画像: 赤い屋根の下にも様々なアトラクションとレストランなどがある。

赤い屋根の下にも様々なアトラクションとレストランなどがある。

さて、フェラーリ ワールドはもちろん跳ね馬に特化した施設ではあるが、イタリアという国の素晴らしさをアピールするところでもあるようだ。ミニチュアによるイタリア観光名所ツアーがあったり、レストランでは本格的なイタリア料理が楽しめる。

フェラーリファンならずとも、一度は行ってみたいと思わせるのがフェラーリ ワールド。おそらく世界中のクルマ好きは同じ気持ちではないだろうか。

画像: こちらはバルセロナ郊外に2017年4月にオープンした「フェラーリ ランド」。フェラーリ ワールドより遊園地っぽい。

こちらはバルセロナ郊外に2017年4月にオープンした「フェラーリ ランド」。フェラーリ ワールドより遊園地っぽい。

ところで御参考までに。スペインのバルセロナ郊外に2017年4月、「フェラーリ ランド」という施設がオープンしている。これはフェラーリ ワールドに続く世界でふたつ目のフェラーリの公式テーマパークだが、11ものアトラクションがあるなど遊園地に近いもののようだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.