フォルクスワーゲンのAセグメントカー「up!」が4月27日にマイナーチェンジを行った。それと同時に登場したのがこの特別限定車。世界的オーディオブランド「Beats」とのコラボモデルだ。
画像: 600台限定の「up! with beats」。この2ドアは172万3000円、4ドアは192万3000円。

600台限定の「up! with beats」。この2ドアは172万3000円、4ドアは192万3000円。

2ドア+4ドアモデル 合計600台の限定車

4月27日にマイナーチェンジを受けたVWアップ!。全長が65mm伸びてよりスタイリッシュになった外観や、4種類のダッシュパッドを用意したインテリアなど、変更は多岐にわたる。

今回は、そんなマイチェンとともに登場したアップ!の限定車(2ドア)に乗る。

画像: マイナーチェンジ前よりも全長は65mm延長。専用15インチアルミなど専用外装を持つ。ボディ色はホワイト(写真)とレッドの2種類。

マイナーチェンジ前よりも全長は65mm延長。専用15インチアルミなど専用外装を持つ。ボディ色はホワイト(写真)とレッドの2種類。


この「アップ!withビーツ」は、世界的オーディオブランド「Beats」とコラボしたモデルで、2ドアが200台/4ドアが400台の限定車。専用のアルミホイールや専用シートなど、デザイン性にも富んでいるのが特徴だ。

そんな内外装以上に特徴的なのが、プレミアムサウンドシステムの搭載。これは300W/8chのパワーアンプにDSP(デジタルサウンドプロセッサ)、6スピーカー+サブウーハーでサウンドにこだわりを持つ。

マイナーチェンジで乗り心地も進化

キーを挿し回しエンジン始動、走り出す。75ps/95Nmの出力だから、軽自動車とそう変わらないスペックだが、5速シングルクラッチのAMTをマニュアルモードにすれば、意外なほどキビキビと走らせることができる。

画像: 搭載エンジンはCHY型999cc直4。JC08モード燃費は22.0km/L。

搭載エンジンはCHY型999cc直4。JC08モード燃費は22.0km/L。

画像: トランスミッションは5速ASG(シングルクラッチAT)。変速はノブを左に倒し「M」モードにしてから奥に押してシフトアップ、手前に引いてダウン。

トランスミッションは5速ASG(シングルクラッチAT)。変速はノブを左に倒し「M」モードにしてから奥に押してシフトアップ、手前に引いてダウン。

進化したのは乗り心地。マイチェン前よりも相当乗り心地が良くなっている。高速走行での段差乗り越えでもリアが落ち着いているし、街乗りでもヒョコヒョコした感じが消えている。

AMTの空走感はだいぶ改善されたものの、でもやはりAMT。オートモードでは微低速時のギクシャク感は残る。ここはマニュアルモードで走らせるのがしっくり来る。

パワフルで耳あたりの良いオーディオサウンド

スマホとブルートゥース接続して連携する純正インフォテイメントシステム「コンポジションフォン」も新型アップ!の特徴。専用アプリでナビや車両走行データも表示可能だ。スマホの音楽再生もできる。

このスマホ音楽の再生がこの限定車の大きな魅力だろう。

ブルートゥース接続の圧縮ファイル再生…とはとうてい思えない高音質で再生される。いわゆる「ドンシャリ」系ではなく、パワフルながら耳あたりの良い落ち着いた音。ロングドライブでも疲れない空間になる。FMラジオも良い音だ。

この充実の装備内容で、ベースのムーブ アップ!の13万6000円高。これはお買い得といえる内容だ。

画像: スマホとの連携を強化したコンポジションフォン。専用アプリでナビのルート案内も可能。

スマホとの連携を強化したコンポジションフォン。専用アプリでナビのルート案内も可能。

up! with beats 主要諸元

●サイズ=3610×1650×1495mm ●車両重量=930kg ●エンジン=直3DOHC 999cc ●最高出力=75ps/6200rpm ●最大トルク=95Nm/3000-4300rpm ●172万3000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.