現在、日本では31ブランドの輸入車を購入することができる。この連載企画ではそれをジャンル毎に紹介していく。現在はSUVにスポットを当てており、今回は「プジョー 3008」をピックアップした。(Motor Magazine Mook「輸入車年鑑 2017」より)
画像: プジョー 3008。フランス車らしい個性あるスタイリングが特徴的だ。

プジョー 3008。フランス車らしい個性あるスタイリングが特徴的だ。

最先端のインターフェイスを採用

MPVから本格SUVへと完全なコンセプトチェンジを遂げた2代目は、308でも先行採用されているモジュラープラットフォームの「EMP2」を使用した。

最大の特徴は3008で初採用となる次世代のi-コックピットで、小径ハンドルと組み合わせたアウトホイールメーター類は12.3インチの全面液晶となり、センターの8インチモニターと合わせて先進的な印象を強化した。

画像: i-コクピットが最先端の操作性を提供する。

i-コクピットが最先端の操作性を提供する。

衝突被害軽減自動ブレーキやレーンキープなど、先進安全装備のほとんどを網羅する。

注目ポイント:CセグメントSUV最軽量級のボディに1.6L直噴4気筒ターボを搭載。待望のACCはまだ限定モデルにしか装備されないため、カタログモデルへの昇格を待つのも手だ。

画像: 後席ダイブダウンで荷室床がフラットになる。

後席ダイブダウンで荷室床がフラットになる。

プジョー 3008 アリュール 主要諸元

全長×全幅×全高:4450×1840×1630mm
搭載エンジン: 1.6L直4ターボ
最高出力:165ps/6000rpm
最大トルク:240Nm/1400-3500rpm
駆動方式:FF
トランスミッション:6速AT
車両価格:3,540,000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.